日本で進行する少子化、「危機切り抜けるタイミング逃した」と中国メディア、「これを戒めにリスク予防を」とも

日本で進行する少子化、「危機切り抜けるタイミング逃した」と中国メディア、「これを戒めにリスク予防を」とも
日本で進行する少子化について、中国メディアは「出生率の危機を切り抜けるタイミングを逃した」との見方を示し、「中国はこれを戒めとし、低出生率のリスクを予防する総合的な措置を講じるべき」と訴えた。写真は電車に乗り込む日本の子どもたち。(Record China)
日本で進行する少子化について、中国メディアは「児童と家庭に友好的な社会環境を構築することが遅れ、低出生率の危機を切り抜けるタイミングを逃した」との見方を示した。記事は「中国はこれを戒めとし、低出生率のリスクを予防する総合的な措置を講じるべき」と訴えている。

中国網は穆光宗・北京大学人口研究所教授が執筆した「日本の少子化、学費免除でも進行する理由は」との記事を掲載。「少子高齢化問題が深刻な日本は、子どもをつくれば得をするという新たな国策を打ち出した。日本の首相は今年10月より3~5歳の保育園および幼稚園のすべての費用を免除し、かつ中学卒業までの学費と医療費を完全に免除すると宣言した。また政府は毎月、年齢に応じた児童手当を支給している。この子育て世帯を対象とした社会の福利政策は多くの人から注目されている」と紹介した。

日本の少子高齢化に関しては「1970年代に始まり、長期化し問題が蓄積している。少子化には二つの意味がある」と説明。「まずは出生の少子化で、出生率が人口の維持に必要とされる水準を下回り、低下を続けている。次に人口の少子化で0~14歳が占める割合が低下している」と述べた。

穆教授は「そこで日本は一連の対策を講じた。さまざまな措置を打ち出したが、出生率を高める効果はそれほど大きくない。これは日本が低出生率のわなに陥ったためだろう」と分析。「人々のライフスタイル、働き方、子育ての方法が伝統的な社会と大きく異なり、子育ての負担が耐えられないほど重くなっている。子づくりを望まず、子どもをつくれないという現象が普遍的になっている」と論評した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年9月22日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら