ブルース・リーの「燃えよドラゴン」、「最も優秀なアクション映画」11位に

記事まとめ

  • USAトゥデイ紙が「最も優秀なアクション映画」ランキングを発表。
  • 73年のブルース・リー主演作「燃えよドラゴン」が11位に入った。
  • 32歳で急逝したブルース・リーだが、死後46年を経ても根強い人気を誇っている。

米紙USAトゥデイの「最も優秀なアクション映画」、ブルース・リー「燃えよドラゴン」が11位

米紙USAトゥデイの「最も優秀なアクション映画」、ブルース・リー「燃えよドラゴン」が11位
米全国紙のUSAトゥデイが報じた「最も優秀なアクション映画」ランキングで、ブルース・リー主演の「燃えよドラゴン」が11位に選ばれた。(Record China)
米全国紙のUSAトゥデイが報じた「最も優秀なアクション映画」ランキングで、ブルース・リー李小龍)主演の「燃えよドラゴン」が11位に選ばれた。

【その他の写真】

映画レビューサイト「Rotten Tomatoes」(ロッテン・トマト)および、映画データベース「IMDb」(インターネット・ムービー・データベース)の評価をもとに、これまで劇場公開されたアクション映画から35作品を選び、ランキング形式にした。1位に選ばれたのは、アーノルド・シュワルツェネッガー主演、ジェームズ・キャメロン監督の「ターミネーター2」(91年)だった。

2位にはレオナルド・ディカプリオ主演、クリストファー・ノーラン監督のSFアクション映画「インセプション」(10年)が選ばれた。なお「ターミネーター」シリーズは、第1作目となる「ターミネーター」(84年)も4位に入る健闘を見せている。

ブルース・リーが主演した「燃えよドラゴン」(73年)は11位に登場。73年に32歳の若さで急逝したブルース・リーだが、死後46年を経てもまだまだ根強い人気を誇っている。

このほか中華圏からは、80年代のカンフースターのリュー・チャーフィー(劉家輝)が出演したクエンティン・タランティーノ監督の「キル・ビル Vol.2」(04年)が12位に登場。香港のジョン・ウー(呉宇森)監督がメガホンを取り、ジョン・トラヴォルタとニコラス・ケイジが主演した「フェイス/オフ」(97年)が26位に選ばれている。(Mathilda)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年9月27日の韓流記事

次に読みたい関連記事「ウィル・スミス」のニュース

次に読みたい関連記事「ウィル・スミス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ジェイソン・ステイサム」のニュース

次に読みたい関連記事「ジェイソン・ステイサム」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「サモ・ハン・キンポー」のニュース

次に読みたい関連記事「サモ・ハン・キンポー」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。