競争恐れないファーウェイ、5Gライセンスを米企業に授与可能―中国メディア

競争恐れないファーウェイ、5Gライセンスを米企業に授与可能―中国メディア
ファーウェイの創業者・任正非氏は26日、「ファーウェイは自分たちのもつ5G移動通信技術のライセンスを米国企業に授与し、ファーウェイ製品のセキュリティーに対する各界の懸念を解消したいと考えている」と述べた。写真は中国のファーウェイ店舗。(Record China)
ファーウェイ(華為)の創業者・任正非(レン・ジョンフェイ)氏は26日、「ファーウェイは自分たちのもつ5G移動通信技術のライセンスを米国企業に授与し、ファーウェイ製品のセキュリティーに対する各界の懸念を解消したいと考えている」と述べた。参考消息網が伝えた。

ロイター通信が伝えた任氏の話によると、「競争相手が育つことを恐れていないし、このような提案にはチップの設計を含む技術が含まれる可能性がある」という。

香港紙「信報財経新聞」のサイトによると、任氏は米英の科学者や学者との対話の中で、「欧州、韓国、日本などにはそれぞれ独自の5G技術があるが、米国にはないため、ファーウェイは5G技術の独自ライセンスを米国企業に授与することが可能だ。これにはソースコード、ハードウェアの技術、測定・制御、引き渡し、製造の経験が含まれ、さらにチップの設計のライセンスを授与する可能性もある。授与された企業は世界中でファーウェイと競争できるようになる」と述べた。

任氏は5G技術のライセンスを米国企業に授与するのはなぜかという質問に対し、「将来は欧州、日本、韓国、米国の企業と同じスタートラインに立って競争を展開したい。ファーウェイには勝てる自信があるので、ライセンスを開放することにも自信がある」と答えた。

任氏は、「ファーウェイが5G技術の独自ライセンスを西側企業に授与すれば、強い競争相手を引き入れることになり、当社社員の緩みを許さなくなる。強いライバルの出現を心配してはいない」と述べた。

日本経済新聞の報道では、任氏は26日、「ファーウェイは米国のサプライヤーがいなくても生き残れる。すべての5G設備は代わりのサプライヤーが見つかったからだ」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年10月1日の中国記事

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュース

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら