J-20戦闘機の「もう一つの秘密」を紹介=なぜ、あのトンガリがないのか?―中国

J-20戦闘機の「もう一つの秘密」を紹介=なぜ、あのトンガリがないのか?―中国
中国の情報サイト、新浪網は3日、「J-20(殲20)戦闘機はなぜ、この『トンガリ』を減らしたのか。こういう配慮があるからだ」と題する記事を掲載した。写真はJ-20。(Record China)
中国の情報サイト、新浪網は2019年9月3日付で、「J-20(殲20)戦闘機はなぜ、この『トンガリ』を減らしたのか。こういう配慮があるからだ」と題する記事を掲載した。

記事によると、ジェット戦闘機に見られる「トンガリ」については「避雷針になる」「超音速の壁を突破するため」など各種の「伝説」が生じている。記事はその上で、「トンガリ」の正体は「空速を測定する管」と紹介した。日本では一般的に「ピトー管」と呼ばれ、航空機の速度計として用いられる装置だ。

記事は、ピトー管の取り付け位置については亜音速機の場合には主翼や水平尾翼に、超音速機の場合には機首に取り付けられる場合が多かったと説明。また、20世紀後半になって速度測定のための電子機器が登場しても、品質がよく安価であるためにピトー管の地位は揺らがなかったと論じた。

ただし、戦闘機の発展につれピトー管の問題点も大きくなったという。まず、高空では大気が低温なので、氷の付着に対する対策が必要になる。そのためには、ピトー管を加熱せねばならない。

次に、ピトー管は金属で作られるので、自機が発するレーダー電波に干渉する場合がある。また、飛行機が高速になるに伴い、ピトー管の振動現象も問題になった。

さらに、ステルス性能に対する要求が高くなると、ピトー管はきわめてやっかいな存在になった。特に、それまでの戦闘機に見られた機首部分の長大なピトー管はステルス性の向上にとって極めて不利になった。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月2日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。