中国で国慶節連休の旅行に最もお金使ったのは1950年代生まれ、主流は親子旅行―中国メディア

中国で国慶節連休の旅行に最もお金使ったのは1950年代生まれ、主流は親子旅行―中国メディア
旅行サイト・携程網はこのほど、同プラットフォーム上の国慶節に合わせた連休中のツアー旅行や自由旅行などの商品のビッグデータを解析し、中国全土の同サイト傘下の実店舗7000店以上における申し込み状況と合わせて、「2019年国慶節旅行状況」をまとめた。(Record China)
行サイト・携程網はこのほど、同プラットフォーム上の国慶節(建国記念日、10月1日)に合わせた連休中のツアー旅行や自由旅行などの商品のビッグデータを解析し、中国全土の同サイト傘下の実店舗7000店以上における申し込み状況と合わせて、「2019年国慶節旅行状況」をまとめた。

【その他の写真】

ユーザーが携程網を通して1498都市に旅行


中国国内外の1143都市のユーザーが、携程網を通して旅行を予約し、108カ国・地域、中国国内外の1498都市へ旅行した。その他、携程旅游のほか、「旅游百事通」や「Qunar.Com」などの中国全土の旅行社実店舗約7000店にも大勢の客が押し寄せた。それら実店舗で旅行を予約する人のうち、最も多いのは50後(1950年代生まれ)と60後(1960年代生まれ)だった。

旅行に出かけた人が最も多い都市トップ20


国慶節の連休中に旅行へ出かけた人が最も多いのは中国のどの都市なのだろう?携程のツアー旅行と自由旅行の統計によると、そのトップ20は、上海、北京広州、成都、深セン、重慶、杭州、南京、天津、武漢、西安、鄭州、長沙、合肥、昆明、貴陽、済南、廈門(アモイ)、青島、無錫だった。

中国国内旅行の平均費用は3000元以上


中国国内旅行にどのくらいお金を使ったのだろう?携程のツアー旅行と自由旅行の統計によると、市民が中国国内旅行に使ったお金が最も多い都市トップ10は上から順に深セン、北京、瀋陽、済南、天津、上海、寧波、福州、廈門、青島だった。これら都市の市民の国内旅行費用は1人当たり3000元(約4万5000円)以上。1位の深センは1人当たり平均3324元(約5万円)だった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年10月10日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら