「太原」艦が横須賀入港、中国海軍艦艇が10年ぶりに訪日―中国メディア

「太原」艦が横須賀入港、中国海軍艦艇が10年ぶりに訪日―中国メディア
中国海軍のミサイル駆逐艦「太原」が現地時間10日午前、横須賀沖で出迎えた海上自衛隊の艦艇と合流した。(Record China)
中国海軍のミサイル駆逐艦「太原」が現地時間10日午前、横須賀沖で出迎えた海上自衛隊の艦艇と合流した。その後、日本側の連絡将校と水先案内人が「太原」艦に乗艦し、横須賀新港ふ頭へと誘導した。「太原」艦は日中両国旗を掲げ、将兵等が甲板上に整列した。在日中国公館、華僑・華人、中国系機関及び日本海上自衛隊の将兵代表ら300人余りがふ頭で盛大な歓迎式典を催した。人民網が伝えた。

【その他の写真】

中国海軍の艦艇にとって訪日は10年ぶりであり、日本での観艦式への参加は初でもある。今回の国際観艦式は海上自衛隊が主催。10月14日に相模湾で実施し、中国、米国、英国、インド、オーストラリア、カナダ、シンガポールの艦艇10隻余り、及び海上自衛隊の各艦艇・航空機が参加する。「太原」艦は観艦式の前に、様々な対外交流活動にも参加する。

孔鉉佑(コン・シュエンヨウ)駐日大使は歓迎式典で「国連安保理常任理事国及び世界最大の途上国として、中国は一貫して世界平和の建設者、世界発展の貢献者、国際秩序の維持者であり続けている。近年、中国海軍はアデン湾及びソマリア沖での護衛、イエメンからの各国民の退避、国際災害救援などの活動に積極的に参加し、世界平和の維持に重要な貢献を果してきた。今回『太原』艦が平和と友好の使者として日本で観艦式に参加することは、日中関係の好転と発展の推進に尽力する中国側の友好と誠意、及び各国との交流と協力を強化したいとの中国側の積極的な意向の表れであり、平和的発展という中国の揺るぎない信念を各界に伝えるものだ」と述べた。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年10月11日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら