<直言!世界と日本の未来>吉野さんのノーベル化学賞決定が教えるもの=民間企業が主導した「リチウム電池開発」―立石信雄オムロン元会長

<直言!世界と日本の未来>吉野さんのノーベル化学賞決定が教えるもの=民間企業が主導した「リチウム電池開発」―立石信雄オムロン元会長
今年のノーベル化学賞がリチウムイオン電池を開発した旭化成の吉野彰名誉フェローに贈られることが決まった。リチウムイオン電池が高く評価されたという。地道な研究が栄誉につながったものと拍手喝采したい。(Record China)
リチウムイオン電池は従来の電池より小さく軽くて電圧も高い。充電しながら繰り返し使える。ソニーが91年に初めて製品化し、当初は安全性に課題もあったが、携帯機器で普及した。東芝や旧三洋電機なども製品化。日本のエレクトロニクス関連企業の結晶ともいえる商品に育ち、世界で高いシェアを占めた。この分野は、2010年ごろまでは日本メーカーがリードしたが、その後、韓国、中国メーカーが台頭し市場での立場が逆転した。

日本企業に所属する研究者の受賞は2002年に化学賞をとった田中耕一島津製作所シニアフェローに次ぐ2人目。吉野氏も田中氏も1980年代の業績で、大手メーカーが中央研究所を設け、将来の応用を見据えて基礎研究にも力を入れていた時代だった。2014年の物理学賞を受けた中村修二・米カリフォルニア大教授も日亜化学工業在籍時の成果が対象だった。この時代は、企業が研究者に裁量を与え、研究者がじっくり研究に取り組める雰囲気があったと思う。

科学研究の実力は国力の反映と言える。2000年以降、今回で19人を数える日本の科学者の受賞ラッシュは、80年代の日本の豊かさを象徴していると思うが、日本の研究力の勢いがこのところ失速気味なのは残念なことである。優れた論文の数からみる実力は各分野で低下。基礎研究の拠点となる大学のランキングもじり貧状態に陥っている。

日本企業の内部留保は2018年度で463兆円に達し、7年連続で過去最高を更新中だ。多くの資金を内部にため込み、研究開発や人材投資に消極的なようにみえる。日本企業は内部留保をもっと研究開発に投入する必要があろう。業績が回復し潤沢な手元資金がある日本企業にとって、基礎研究への投資を増やす余力はあるはずだ。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月13日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。