日中関係の全面的な改善まであとどれくらいかかるか―中国専門家

日中関係の全面的な改善まであとどれくらいかかるか―中国専門家
中国紙・環球時報は31日、日中関係改善の行方について、南京大学国際関係研究院院長の朱鋒氏の意見を紹介する記事を掲載した。資料写真。(Record China)
中国紙・環球時報は31日、日中関係改善の行方について、南京大学国際関係研究院院長の朱鋒(ジュー・フォン)氏の意見を紹介する記事を掲載した。

朱氏は、昨年の日中韓首脳会談以降、日中関係が改善しており、来春には習近平(シー・ジンピン)国家主席の訪日がほぼ決定したほか、日中のハイレベル交流の再開など、良い傾向が見られていると紹介。しかし、12年の尖閣諸島をめぐる問題以降冷え込んだ日中関係の全面的な改善にはまだ時間がかかると指摘した。

その上で朱氏は、保護貿易の台頭など国際情勢が大きく変改している今、世界第二と第三の経済体である日中が協力することはますます重要になっていると主張。日中間の経済面での交流はすでに活発になっており、昨年までに日中の貿易額は3000億ドル(約32兆6370億円)を超え、日中の直行便は週に1000便以上あり、今までにないほど日中間の関係が密接になっているという。また、米国による貿易戦争で日本も損失を被っており、日中は「共に傷を受け、共に益を得る」関係になっていると論じた。

しかし、日本の対中戦略にはいまだに「二面性」があるとも分析。日本企業による中国への投資を奨励し、米国とは一線を画しているが、一方で中国を排除し敵視する政策も続けているという。例えば、日本はオーストラリアと同じく早くから5G建設で中国の華為技術(ファーウェイ)を排除したほか、最新の日本の防衛白書でも中国の軍事的脅威を強調していると指摘した。ほかにも、尖閣諸島問題での反中的な言動を控える一方で、南シナ海での軍事演習参加を強化したりと、二面性のある行動をしていると論じた。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュース

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュースをもっと見る

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月2日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。