「費用理由に在韓米軍の存在疑問視するなら核武装も」、米国の防衛分担金増額要求に反発する韓国紙

「費用理由に在韓米軍の存在疑問視するなら核武装も」、米国の防衛分担金増額要求に反発する韓国紙
米国が韓国に求める防衛費分担金の増額に韓国紙が強く反発。「米軍のトップは費用問題を理由に在韓米軍の存在を疑問視している」として、核武装の可能性にも言及した。写真は韓国国防部Facebookアカウントより。(Record China)
米国が韓国に求める防衛費分担金の増額に韓国紙が強く反発している。かなりの負担増は避けられない見通しとしながらも、「米軍のトップは費用問題を理由に在韓米軍の存在を疑問視している」と指摘。その場合、「韓国は核武装を含むあらゆる決断を下す以外にない」と言及した。

在韓米軍の駐留に必要な防衛費分担金について、朝鮮日報は社説で「米国はこれまでの5倍に相当する50億ドル(約5500億円)を要求してくるだろう」と予測。「もちろん交渉によって多少その額は下がるかもしれないが、最終的にかなりの増額は避けられない見通しだ。ただし同盟関係は一方的なものではない。今回のように米国が慣例や合理的なレベル以上の増額を求めるのであれば、それに相応する見返りをわれわれは要求すべきだ」と訴えた。

見返りの具体例の一つとしては韓国のミサイルに対する制限の解除を挙げ、「韓米ミサイル指針は人工衛星発射のための民間のロケットに固体燃料は使えないよう定めている」と言及。「宇宙開発先進国はどこも液体と固体燃料ロケットを併用しているが、韓国はミサイル指針に縛られ液体燃料ロケットを開発している。これに対して『戦犯国家』の日本は固体燃料ロケットを自由に打ち上げている。この機会に韓米ミサイル指針は完全に廃棄すべき」と強調した。

さらに、「韓国を守るため米国の負担を大幅に引き下げる方法は他にもある」と提唱。「北大西洋条約機構(NATO)のように韓国と日本が米国の核兵器政策に参加し、核使用の決定に意見を出せるようにすべきということだ。米国大統領の最終決定権を維持するという前提で、韓国の潜水艦や戦闘機が米国の核弾頭を運用できるようにすれば、米国が韓国を防衛するための負担は大幅に減らすことができるし、それだけ米国が使う費用も減るはずだ」と説明した。
レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年11月15日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。