元KARAのハラさん死去、中国ネットで検索ワード1位に 「どうぞ安らかに」

記事まとめ

  • 元KARAのク・ハラさんが亡くなったことに、中国のネットユーザーから大反響。
  • 「ク・ハラ側の声明」が一時、検索ワードランキング1位に。
  • 「どうぞ安らかに」「ネット暴力は本当に怖い」などの声が寄せられた。

元KARAのハラさん死去、中国ネットでも大反響=検索ワード1位に

元KARAのハラさん死去、中国ネットでも大反響=検索ワード1位に
24日、新浪娯楽の微博アカウントは、元KARAのク・ハラさんが自宅で亡くなっているのが見つかったと事務所が発表したことを報じた。元f(x)のソルリさんの死に続く悲報に、中国のネットユーザーも大きく注目した。写真右端がク・ハラさん。(Record China)
2019年11月24日、新浪娯楽の微博アカウントは、元KARAのク・ハラさんが自宅で亡くなっているのが見つかったと事務所が発表したことを報じた。元f(x)のソルリさんの死に続く悲報に、中国のネットユーザーも大きく注目した。

新浪娯楽は同日、ハラさんの所属事務所が「悲しく残念な情報を伝えることを謝罪します。遺族や知人の心理的ショックが大きいため、メディア関係者やファンはお悔やみのコメントや憶測による報道、情報の流布をお控えください」といった趣旨の声明を発表したことを伝えた。

また、ハラさんが姉妹同様に親しくしていたソルリさんの死亡後にSNS上で号泣しながら「何もできなくてごめんなさい。姉さんはあなたの分まで生きていく。頑張ります。みんな心配しないで」とコメントしていたことを紹介している。

ハラさんの事務所による声明は微博上で大きな注目を集め、「具荷拉方声明」(ク・ハラ側の声明)が一時、検索ワードランキング1位に入った。

中国のネットユーザーは「ハラ姉さん、どうぞ安らかに」「ソルリといいハラといい、若いのにあまりにも残念」「家にクリスマスツリーが置いてあったのに、クリスマスを迎えずに亡くなってしまったという話を聞くととてもつらい……」「韓国の芸能界は怖い」「ネット暴力は本当に怖い」などのコメントを寄せた。

ハラさんは昨年9月に交際相手への暴行容疑で取り調べを受ける一方で、リベンジポルノ被害を受けたことを明らかにし、今年5月には自殺未遂騒動を起こしている。このため「交際相手のせいだ」とする声も多く見られた。これに対し「警察が原因の調査結果を出すまでは、やみくもに憶測しない方がいい」との意見も出ている。(翻訳・編集/川尻)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「TWICE」のニュース

次に読みたい関連記事「TWICE」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「少女時代」のニュース

次に読みたい関連記事「少女時代」のニュースをもっと見る

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月25日の韓流記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。