韓国が「新南方政策」を推進しASEANとの協力強化を望む理由―中国メディア

韓国が「新南方政策」を推進しASEANとの協力強化を望む理由―中国メディア
27日、中国メディアの中国新聞網は、韓国が「新南方政策」を推進し東南アジア諸国連合(ASEAN)との協力強化を望む理由について分析する記事を掲載した。写真は文在寅大統領。韓国大統領府Facebookアカウントから。(Record China)
2019年11月27日、中国メディアの中国新聞網は、26日まで韓国・釜山で開かれていた韓国・東南アジア諸国連合ASEAN)特別首脳会議に関連し、「韓国が『新南方政策』を推進しASEANとの協力強化を望む理由」について分析する記事を掲載した。

記事はまず、「韓国の外交政策は南を向いている」と指摘。「文在寅(ムン・ジェイン)政権が2017年に『新南方政策』を発表してから2年後、韓国・ASEAN特別首脳会議が11月25日から26日まで釜山で開催され、ASEAN10カ国の指導者や政府高官らが出席した。韓国メディアによると、これは文政権発足後、韓国で開かれる最大規模の国際会議だという。韓国政府が打ち出しているのは、ASEANとの関係を対米、対日、対中、対ロの水準にまで高めることと、『新南方政策2.0』を全面的に推進し、ASEANと、人(People)、共生・繁栄(Prosperity)、平和(Peace)の『3P』を核心とする『3P共同体』を構築することだ。文大統領によると、韓国とASEANの協力はすでに、経済・貿易分野を超えて政治や安全保障の分野にまで拡大されている」と伝えた。

その上で、「なぜ『新南方政策』を推進するのか」について、「韓国延世大学国際学大学院の非常勤教授、An Jun-seong氏によると、韓国はこれまで、周辺の大国(米国、日本、中国、ロシア)を軸に『4強外交』を展開してきたが、『新南方政策』は外交政策におけるバランス調整という意味がある。韓国経済は周辺大国に過度に依存しているというのが、韓国の専門家たちの共通認識だ。最近の世界的な貿易保護主義の高まりにより、韓国経済は傷ついた状態になっている。韓国東亜大学ASEAN研究所のPark Jang-sik氏によると、日本との貿易摩擦は韓国にとって新たな課題となっている。ASEANを新たな発展の可能性として扱うことが、文政権の外交と経済政策における重要なテーマだ」と伝えた。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ASEAN」のニュース

次に読みたい関連記事「ASEAN」のニュースをもっと見る

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月28日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。