韓国・文喜相国会議長の元徴用工問題解決案、「日韓関係改善の糸口に」と後押しする主要各紙

韓国・文喜相国会議長の元徴用工問題解決案、「日韓関係改善の糸口に」と後押しする主要各紙
元徴用工問題の解決を目指し、日韓の企業などから寄付金を募る文喜相・韓国国会議長の提案を韓国の主要各紙が積極的に後押ししている。各紙は「関係改善の糸口に」などと期待を寄せている。韓国国会(写真は韓国国会Facebookより)。(Record China)
元徴用工問題の解決を目指し、日本と韓国の企業などから寄付金を募る韓国・文喜相国会議長の提案を韓国の主要各紙が積極的に後押ししている。日本政府や元徴用工側の同意など実現にはハードルが高いが、各紙は「関係改善の糸口を見いだせ」「葛藤をもう解決しよう」と期待を寄せている。

文議長の「1+1+α」構想は、「記憶・和解・未来」財団を設立して、日韓企業と両国国民の寄付を集め日本企業の民事上の賠償責任を事実上免除する案だ。 同財団は2014年の「日帝強制動員被害者支援財団」を格上げしたもので、この構想が日の目を見れば、対立の核心になった「判決の強制執行」を基金支給に代えることができる。 基金は計3000億ウォン(約270億円)で、約1500人に1人当たり2億ウォン(約1800万円)支払うという。当初は元従軍慰安婦も対象にしていたが、関係者の反対で除外された。

提案に対し、日本政府は1965年の日韓請求権協定で元徴用工問題は解決済みとの立場を堅持。韓国の被害者団体も「企業と市民のお金で日本に免罪符を与えるということか」などと反発している。

東亜日報は社説で「昨年10月の大法院(最高裁)の元徴用工判決で触発された韓日の対立は、今年7月の日本の輸出管理強化措置によって経済領域に、8月の韓国の韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了通知で安全保障の領域にまで広がった」と指摘。「元徴用工問題を解決することができなければ、韓日関係は一歩も進むことができない状況だ」と憂色を示した。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月6日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。