米中“新冷戦”をはねのけよ、中国は最後まで笑う―中国メディア

米中“新冷戦”をはねのけよ、中国は最後まで笑う―中国メディア
6日、中国メディア・環球時報は「米中“新冷戦”をはねのけよ、中国は最後まで笑う」と題した記事で、現在の米中関係に中国がどう向き合うべきかを論じた。写真は天安門。(Record China)
中国メディア・環球時報は6日、「米中“新冷戦”をはねのけよ、中国は最後まで笑う」と題した記事で、現在の米中関係に中国がどう向き合うべきかを論じた。

記事はまず、崔天凱(ツイ・ティエンカイ)駐米大使の発言を紹介。同氏は最近の米中関係について、「非常に警戒しなければならない。貿易戦争が複雑化していることに乗じて、一部の破壊的な勢力が『関係断絶』『新冷戦』『文明衝突』といった極端な主張をしている」「一部の米国人は中国の共産党や国家制度に矛先を向け、米中の間に経済、テクノロジー、イデオロギーの“ベルリンの壁”を築こうとしている。両国民に互いに敵意を持たせ、衝突させようとしているのだ」などとしたという。

これを受け、記事は「米中関係はこれまでにない岐路に立っており、一部の米国人からは建設的な米中関係を徹底的に破壊しようという強い意思が感じられる。そういった人々を根本的に変えようというのは難しいことだ。われわれにとって、どのような行動を通して米中の今後の在り方を変えるか、また、どのようにして米中に“新冷戦”を引き起こそうとする勢力を食い止めるかということは、挑戦しがいのある課題となっている」と論じた。

続いて、そういった課題を達成するには「何よりも先に、現時点における米中の貿易摩擦の範囲と程度について、はっきりと見定めなくてはならない」と指摘。「目下、米国が最も激しく攻撃しているのは経済とイデオロギーの分野だ。経済分野では主に貿易戦争を仕掛けると同時に、ハイテクノロジー領域で中国から断絶しようとする傾向も明らかだ。イデオロギーに関して米国は特に過激で、われわれに対する攻撃は単純で荒っぽい」と分析した。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュース

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュース

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュースをもっと見る

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月7日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。