日本で生まれた手帳文化、変わった形で中国に根付きつつある―中国人学生

日本で生まれた手帳文化、変わった形で中国に根付きつつある―中国人学生
中国で日本生まれの「ほぼ日手帳」が大人気だそうだ。中国の手帳ブームの流れに乗った天津財経大学珠江学院の楊昊瑜さんは、自身と手帳について作文に記している。(Record China)
中国で日本生まれの「ほぼ日手帳」が大人気だそうだ。今年9月に初めて大手ネットショップ・天猫(Tmall)に登場すると、販売開始から5分で100万件を超える注文があったという。中国の手帳ブームの流れに乗った天津財経大学珠江学院の楊昊瑜さんは、自身と手帳について次のように作文に記している。

【その他の写真】

最近、中国の若者の間で「手帳」というものが流行っている。カレンダーが付いている小さい記録本のようなもので、毎日の行程をそこに書くのは一般的な使い方だが、これだけでは「手帳」とは言えない。「手帳」を書くには、カラフルなペンを使うのが定番で、可愛いシールや雑誌の切り抜きなどで飾ってあるのだ。絵が上手な人は自分で絵を描いたりもする。みんなは自分なりのユニークな手帳を作っている。

調べてみたら、「手帳」とは日本から伝わった言葉だ。日本では、サラリーマンはもちろん、学生から主婦に至るまで、みんな「手帳」を身に付けているようだ。手帳の種類も驚くほど多い。真面目な日本人にとっては、約束したことを、万が一忘れてしまうと大変なことになるので、手帳にメモしておかないと安心できない。日常の生活と仕事もこの手帳一冊で計画が立てられる。手軽な日記としても使われていて、アイデアとかも書かれているそうだ。いつでもどこでも手軽にチェック、メモできるところは魅力的であろう。手帳は既に日本人の生活に欠かせないものになったのだ。日経ウーマンのインタビューで、ある女性は「手帳は私の“脳”だ」と答えていた。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月8日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。