中国はAIで米国より優位に立っているのか―米誌

中国はAIで米国より優位に立っているのか―米誌
24日、米外交専門誌ナショナル・インタレスト(電子版)はこのほど、「中国は人工知能(AI)で米国より優位に立っているのか」とする記事を掲載した。写真はテンセントが今年開催したAI活用に関する説明会。(Record China)
2019年12月24日、中国紙・環球時報(電子版)によると、米外交専門誌ナショナル・インタレスト(電子版)はこのほど、「中国は人工知能(AI)で米国より優位に立っているのか」とする記事を掲載し、次のように伝えている。

米国人の多くは、AI分野で、中国は決して「同等な競争相手」以上のものにはなり得ないと認識している。だが実際、中国は今や、AIのビジネスや国家安全保障への活用において、米国の同等な競争相手として存在している。中国は単にAI技術を習得しようとしているだけでなく成功している。いくつかの分野について、この二つのライバルの立ち位置を見てみたい。

消費者が市場で選択する製品がそれを物語っている。フィンテックでは、中国は「孤高」だ。テンセントのウィーチャットペイには9億人の中国人ユーザーがいるが、アップルペイは米国では2000万人しかいない。機能に関しても、ウィーチャットペイはアップルペイよりもはるかに多くのことができる。中国の消費者がウィーチャットペイを使用する過程において、AIシステムは個々の消費者行動に関する詳細なデータを生成する。米国でのモバイル決済取引額は中国の50分の1だ。

顔認識において世界で最も価値のあるAIスタートアップは中国企業のSenseTime(商湯科技)だ。この分野では米中の競争は全く存在しない。個人のプライバシーに対する懸念から、米国はこのレースを諦めている。

音声技術でも、中国企業は英語を含むすべての言語で米企業に勝利している。世界トップの音声認識スタートアップは中国のiFLYTEK(科大訊飛)で、アップルのSiriのほぼ2倍に相当する7億人ものユーザーを抱えている。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュース

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュース

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月26日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。