中国・武漢で原因不明の肺炎患者、医療機関は「SARS発生」否定―中国紙

中国・武漢で原因不明の肺炎患者、医療機関は「SARS発生」否定―中国紙
31日、中国湖北省武漢市の疾病予防コントロールセンターは、市内の医療機関で原因不明の肺炎患者が相次いで確認されたことを認めた。(Record China)
2019年12月31日、中国紙・新京報によると、中国湖北省武漢市の疾病予防コントロールセンターは同日、市内の医療機関で原因不明の肺炎患者が相次いで確認されたことを認めた。発病者数については「現在集計中だ」としている。

同紙によると、インターネット上で、2003年に大流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)が発生したとの情報が出回ったことについて、武漢市中心医院は「これまでのところSARSが疑われるもしくはSARSと診断された患者はいない」としているという。(翻訳・編集/柳川)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュース

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュース

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュースをもっと見る

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月31日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。