韓国戦の好プレーはどこへ?珍プレー続出のU-23中国代表に批判―中国メディア

韓国戦の好プレーはどこへ?珍プレー続出のU-23中国代表に批判―中国メディア
12日に行われたサッカーのU-23アジア選手権でウズベキスタンと対戦した中国は0-2で完敗。初戦の韓国戦では称賛を浴びていたが、この試合ではミスが相次ぎ、批判の的となっている。写真はU-23中国代表。(Record China)
12日にタイで行われたサッカーのU-23(23歳以下)アジア選手権でウズベキスタンと対戦した中国は、0-2で完敗を喫した。初戦の韓国との試合では敗れはしたものの善戦し、称賛を浴びていたが、この試合では「低レベル」なミスが相次ぎ、批判の的となっている。

中国メディアの観察者網は13日付の記事でこの試合の「注目すべき点」として中国の2つのコーナーキック(CK)のミスを挙げ、「わけが分からない」と酷評した。

1つ目は32分、陳彬彬(チェン・ビンビン)と段劉愚(ドゥアン・リウユー)が試みた変化をつけたCKだ。キッカーの陳がそばにいた段に小さく蹴り出し、段が止めたボールを陳が中央へ送った。しかし、段がボールに触れた時点で陳は明らかにオフサイドの位置にいた。目の前で見ていた副審は当然のようにフラッグを挙げ、オフサイドと判定した。

2人が試みたCKは他の試合でも使われることがあるプレーだが、相手ディフェンダーがゴールラインに近い位置に立っていたり、あるいはボールを受けた選手がキッカーがオフサイドにならない位置まで戻るのを確認してから戻したりするなど、いずれにしても「オフサイドにならない」ことに気を配るのが普通である。

記事は、「この点(相手の位置など)はCKを蹴る際によく観察すべきことであるが、中国の選手たちは怠った」と指摘。中国のファンから「このCKは中国選手のサッカーIQの低さを如実に表している。自分の世界に浸り、臨機応変さがまるでない」といった批判の声や、「恐ろしいのは、これが考えに考えた上で編み出した手だということ」といった皮肉めいた声が上がったと伝えた。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月14日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。