業績の悪い従業員を地面に這わせて…中国メディアが企業の忘年会に苦言

業績の悪い従業員を地面に這わせて…中国メディアが企業の忘年会に苦言
中国メディア・人民日報は20日、「企業の忘年会はどうして照魔鏡と化してしまったのだろう」と題した記事で、企業による従業員評価のあり方について論じた。(Record China)
春節間近の中国で、企業の忘年会の様子を撮影した映像が物議を醸している。中国メディア・人民日報は「企業の忘年会はどうして照魔鏡(怪物の姿を暴く鏡)と化してしまったのだろう」と題した20日付の記事で、企業による従業員評価のあり方について論じた。

記事はまず、中国のネット上で最近話題になった2社の忘年会での事例を紹介。ある企業は、ノルマを達成できなかった男性販売員らに女性用のストッキングを履いて踊るよう命じた。拒否した男性に対しては、その日のうちに解雇を言い渡した。また、ある企業は業績が振るわなかった従業員らを地面に一列で這わせ、「約束します!非難を受け入れます!」などと叫ばせながらステージの周りを3周させた。

記事はこうした光景について、「当事者でなくても窒息感を覚える。これは明らかに“侮辱大会”だ」と指摘。「企業が従業員らの成績に応じて賞与やペナルティーを与えるというのはよくあることだ。しかし、いわゆるペナルティーには限度がある。ボーナスを減らすといった方法なら理解できるが、女装をさせたり、地面に這いつくばらせたりするのは人の尊厳をひどく傷つける行為だ」と批判した。

記事によると、中国には他にも従業員らに互いに平手打ちをさせたり、唐辛子を食べさせたりといったペナルティーを科す企業があり、そうしたやり方は一般的に“狼性管理”と呼ばれているという。

記事は“狼性管理”について、「社外に対してはオオカミの群れのように団結して挑み、社内では家族のように献身的に振る舞うという姿を目指していること」が名前の由来であると説明した上で、「“狼性管理”は実行する過程でしばしば過熱し、最終的には人格の侮辱につながってしまう。仮にこうしたやり方で上手く行ったとしても、それはある種の病的な成功と言えるだろう」と論じた。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月25日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。