軍事費をめぐる争いが日米韓同盟を傷つける―中国メディア

軍事費をめぐる争いが日米韓同盟を傷つける―中国メディア
21日、中国紙・人民日報海外版は、軍事費をめぐる争いが日米韓同盟を傷つけているとする記事を掲載した。資料写真。(Record China)
2020年1月21日、中国紙・人民日報海外版は、軍事費をめぐる争いが日米韓同盟を傷つけているとする記事を掲載した。

記事はまず、韓国駐留米軍の駐留経費負担をめぐる米韓当局者の6回目の協議が14日と15日に行われたが、協議は決裂したと紹介。米国の求める負担増を韓国側は受け入れられなかったと伝えた。また、米国はこの夏に日本とも駐留経費分担の協議を行うかもしれないと説明。米国は日本に負担増を求める方針だと指摘し、「米国の求める負担増に、日米韓の軍事同盟は試練に直面している」と論じた。

その上で記事は、米韓の米軍駐留経費負担をめぐっては、トランプ大統領が韓国に対して50億ドル(約5500億円)の負担を求めているのに対し、韓国側は30%増の可能性を示しているだけで、両者の溝は深いと紹介。韓国側の交渉担当者は、米韓同盟のための韓国の貢献は合理的に評価されるべきとの見方を示しているが、ポンペオ国務長官とエスパー国防長官は、米ウォールストリート・ジャーナルに「韓国は同盟国で、扶養家族ではない」と題する文章を寄稿し、韓国は米軍駐留に関する直接的経費の3分の1を負担しているにすぎず、もっと貢献すべきと主張していると伝えた。

こうした状況について、遼寧大学国際関係学院の李家成(リー・ジアチョン)副教授は、「韓国にとって大きな試練」との見方を示したと記事は紹介。今年は米国が5倍の負担増を求めているが、これは韓国にとっては大きな財政負担となると指摘した。そして「米国は韓国の苦しみを気遣おうとはしていない」と分析。「米国は、高すぎる安全保障費用について日韓がもっと支払うべきだと考えているが、これはトランプ大統領の自国の利益を追求するスタイルと関係がある」と論じた。また、今年行われる大統領選とも関係があるとしている。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月26日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。