<コラム>猿の脳ミソとコロナウイルスと日中

<コラム>猿の脳ミソとコロナウイルスと日中
コロナウイルスは野生動物の持つものから人間に伝染したと言われる。それがコウモリとなると、日中の差異、というより日本の特殊性を改めて認識させられる。写真は武漢。(Record China)
武漢のコウモリは哺乳類である。
人類の遠い親戚だ。ネズミに羽(実際は手の進化形)をつけたと乱暴に想像してもいいだろうか。
超音波を発して暗闇を疾走する。
恐らく人類の見ている世界とはまったく異なった世界に生きているのだろう。

もともと人類は陸上で齧歯目というネズミ類から進化した末裔らしい。
固い植物の実や草を食べる草食以外に雑食性のものもいる。小型で雑食なので恐竜の大絶滅時代や寒冷期なども生き延びたと推測されている。

このコウモリを食べるのが中国で、昔は朝鮮でも食べていたらしい。
薬草と同じく、各種の動物にはそれぞれ薬効があるとされている。

また珍味という点も少しはあるらしい。東南アジアでは生きたサルの脳ミソを食べることもある。脳は痛みを感じないが、想像すると、吐き気をもよおしそうだ。

お隣の朝鮮では少なくなってきているとはいえ「犬」を食べる。中国にもあるらしい。

このあたりの食文化は、それぞれの国の歴史と深い関わりがある。
一概に批判は出来ない。ただ、現代では、日本人が鯨肉を食べるのは野蛮だと言われるように、この犬を食べる文化も変わりつつある。猿の脳ミソは論外だと思う。

コロナウイルスは野生動物の持つものから人間に伝染したと言われる。それがコウモリとなると、日中の差異、というより日本の特殊性を改めて認識させられる。

よくご存じのように、日本では、ウサギを一匹、二匹とは数えない。
もちろん、そう数えてもいいように変わりつつあるが、「一羽、二羽」である。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月5日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。