韓国の日本産不買運動に意外な結果?輸入が減少した品目は…

韓国の日本産不買運動に意外な結果?輸入が減少した品目は…
6日、韓国・ファイナンシャルニュースは「日本製品不買運動が広まったにもかかわらず、日本産食品の通関件数が全体3位をキープした」と報じた。写真は韓国のインスタントラーメン売り場。(Record China)
2020年2月6日、韓国・ファイナンシャルニュースは「日本製品不買運動が広まったにもかかわらず、日本産食品の通関件数が全体3位をキープした」と報じた。

記事によると、韓国の昨年の日本産食品の通関件数は4万2785件で、中国(20万4381件)、米国(10万38件)に次ぐ3位となった。記事は「前年(5万487件)より多少減少したものの、昨年夏に全国的に日本製品不買運動が拡散したことを考えると大した差ではない」と指摘している。2018年も日本は全体3位だったという。

記事はその理由として「日本産食品のうち輸入が減少した品目が酒類に限られた」ことを挙げ、「ビールは前年比41.2%減少、日本酒も37.6%減少したが、その他の多様な品目は減少していない。日本料理店やスーパーでは日本産の醤油などが今でも使われており、ラーメンや蕎麦、飴、健康食品なども人気だ」と説明している。

これを受け、韓国のネットユーザーからは「あんなにも多くの人が『日本産は一生買わない』と宣言していたのに」「やっぱり韓国人は熱しやすく冷めやすいのか」「春には桜を見に多くの韓国人観光客が日本に行くのだろう」と落胆する声が上がっている。

また、「日本に関しては買っても食べても行っても駄目!」「不買を忘れず続けなければならない」「もう一度気合を入れ直そう」と呼び掛ける声も。

一方で「不買運動は意味ないよ。日本のビールを飲まないからといって日本に勝てるわけじゃない」「日本経済にはまったくダメージが出ていない。むしろ日本内の嫌韓感情を育てるだけだ」と不買運動に否定的な声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月7日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。