<インタビュー>日中は文化的伝統と人類の理想追求を=川勝平太・静岡県知事

<インタビュー>日中は文化的伝統と人類の理想追求を=川勝平太・静岡県知事
静岡県は浙江省と友好都市関係にあり、習主席とは同省トップ時代から深い交流の歴史がある。そこで習主席と交流のある川勝平太・静岡県知事にインタビューした。写真はインタビューに答える川勝知事。(Record China)
今春、中国の習近平国家主席が来日する予定だ。静岡県は浙江省と友好都市関係にあり、習主席とは同省トップ時代から深い交流の歴史がある。そこで習主席と交流のある川勝平太・静岡県知事にインタビューした。川勝知事は「浙江省と静岡県の友情は揺るがない」と強調。今後中国との青少年交流が重要と指摘した上で、「一帯一路」(海と陸のシルクロード)に期待し、日中は文化的伝統と人類の理想をともに追求すべきだと語った。(聞き手はRecord China主筆・八牧浩行)

北京の人民大会堂で歴史的会見


――2010年1月、知事は当時の中国国家副主席だった習近平氏と北京の人民大会堂で会見されましたが、会見に至った経緯と、お話の内容について教えていだけますか。

川勝静岡県と浙江省は1982年に友好都市になりました。私の前任の石川嘉延氏は16年間知事を務め、その間に、習近平氏は、浙江省省長、党書記(トップ)の要職を歴任されて、上海の書記になられた。私は2009年に知事になり、その年のうちに中国の浙江省を訪問しました。そのとき習氏はすでに国家副主席でした。

2009年暮れに習氏は国家副主席として来日され、天皇陛下と拝謁された後、長崎に行かれるとお聞きし、「静岡県にお立ち寄りくだされば、富士山ともども大歓迎をする」と申し出ました。丁寧なお返事が届き、「今回は日程が決まっていたので行けない」とのことでした。

翌2010年正月に「人民大会堂でお目にかかりましょう」という招待状が届き、感激し、老朋友の石川前知事とご一緒に訪中することにし、人民大会堂での習国家副主席との会見に臨んだというのが経緯です。会見はまことに和やかでした。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月7日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。