<コラム>中国で最も古い石橋、石家庄「安済橋」と一番長い石橋、蘇州「宝帯橋」

<コラム>中国で最も古い石橋、石家庄「安済橋」と一番長い石橋、蘇州「宝帯橋」
中国に現存する最も古い石橋は、河北省石家荘市趙州鎮にある趙州橋(安済橋)で橋長51mアーチ式である。(Record China)
中国に現存する最も古い石橋は、河北省石家荘市趙州鎮にある趙州橋(安済橋)で橋長51mアーチ式である。隋大業年間(西暦605~618年)と言えば日本の飛鳥時代であり、小野妹子が遣隋使として朝貢した頃である。もう1400年になろうとしている(写真1)。

【その他の写真】

橋の長さで言えば、宋慶暦7年(西暦1047年)木造として創建された呉江市「垂虹橋」は、元泰定2年(西暦1325年)に全長450mに渡る淅江省最長の石橋(99孔)として再建された。残念ながら、現在は3つに分断し、最長でも40~50mとなっている(写真2)。ここは月の名所でもあり「十里波光連宝帯、一湾月影映垂虹」と詠われている。詩中の宝帯は蘇州呉中の宝帯橋のことである。

蘇州市呉中区に317mの宝帯橋がある。地下鉄2号線宝帯橋南駅から徒歩15分程度だ。又の名を「長橋」とも言う(写真3)。現存では中国内で最長であり、蘇州城南東角にある滅渡橋から真南に3km下ったところにある。この橋は道と道をつなぐ2次空間の接合でなく、船を縄で引く労働者のために作った橋であるのが特長だ。杭州から嘉興・呉江と北上した大運河は蘇州城東南部3kmの所で、右折すれば上海、左折すれば大運河で蘇州城外寒山寺を通り無錫へ、直進すれば3kmで滅渡橋から蘇州城内に入る事ができる交通の要所にある。長橋と言われるように317m長さで53孔のアーチ式であり、上部は平坦である。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月14日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。