ケンゾーの「旭日旗デザイン服」が物議、繰り返される問題に韓国ネット激怒

ケンゾーの「旭日旗デザイン服」が物議、繰り返される問題に韓国ネット激怒
20日、韓国・ニュース1は、フランスのファッションブランド「ケンゾー」が「日本の軍国主義の象徴である旭日旗を連想させる衣類を発表し、批判を受けている」と伝えた。(Record China)
2020年2月20日、韓国・ニュース1は、フランスのファッションブランド「ケンゾー(KENZO)」が「日本の軍国主義の象徴である旭日旗を連想させる衣類を発表し、批判を受けている」と伝えた。

記事は、「ケンゾーが公式サイトに掲載した春夏商品の中に、旭日旗をデザインしたようなものがあった」と指摘。「旭日旗は第2次世界大戦で使用された戦犯旗で、日本軍国主義を象徴する」と説明し、業界からは「韓国をはじめアジアで展開するブランドが、そのような旭日旗を思わせる商品を販売することは、配慮が足りない」という声が出ていると伝えている。

ケンゾーの創業者は、日本のファッションデザイナー、高田賢三氏。記事は「ケンゾーはパリで誕生したブランドだが、ハイブランドの場合、ブランド創立デザイナーの影響を多く受ける」とも説明している。

また、「ファッション界では似たような事例が繰り返されている」と指摘し、その理由について「旭日旗が日本の象徴と見られているため」だとしている。「ファッション界ではナチスの象徴であるハーケンクロイツの使用は禁じられているが、それとは対照的に旭日旗を柄として採用することに問題意識を感じていない雰囲気だ」と解説。2018年に伊ブランド「プラダ」が香水の宣伝動画に旭日旗に似たイメージを使用し非難を浴びたこと、同年に仏ブランド「ディオール」が中国・上海でのショーで旭日旗を思わせるドレスを披露し物議を醸したことを過去の例として挙げている。

記事はまた「7月の東京五輪開幕を前に、こうした論争は強まっている」と伝えている。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「ケンゾー、不買!」「こっちがハーケンクロイツの商品を出さないと目を覚まさないのかも」など、怒りのコメントが殺到しているほか、「日本製品不買で、痛い目に遭わせてやろう」「フランス製だけど?」「フランス製品も不買運動をしよう」「このブランドはルイ・ヴィトンの傘下に入った。不買運動するなら、ケンゾーとヴィトンを!」などという声も上がっている。(翻訳・編集/麻江)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月24日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。