日韓の輸出規制問題、3カ月ぶりの政策対話でも進展なし、「新型肺炎が悪影響」と韓国メディア

日韓の輸出規制問題、3カ月ぶりの政策対話でも進展なし、「新型肺炎が悪影響」と韓国メディア
日韓両国が3か月ぶりに開催した局長級の政策対話でも、日本による半導体材料などの対韓輸出規制問題について進展はなかった。韓国メディアは「新型肺炎の感染拡大が悪影響」と伝えた。写真は韓国・釜山。(Record China)
日本と韓国の貿易当局が10日、3カ月ぶりに開催した局長級の政策対話でも、日本による半導体材料などの対韓輸出規制問題について進展はなかった。韓国メディアは「新型肺炎の感染拡大も両国関係に悪影響を及ぼしており、輸出規制が解決に至るのか見通しが立ちにくくなった」と伝えた。

昨年7月、日本が輸出規制に踏み切った後、韓国は日本を世界貿易機関(WTO)に提訴。さらに日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を終了すると通知したが、GSOMIA期限切れ直前の昨年11月、双方は対話の場を設けることで合意し、最悪の状況は回避した。韓国は日本が輸出規制強化の理由に挙げた点をすべて改善したとして、日本に規制強化の撤回を迫ろうとしていた。

聯合ニュースによると、経済産業省と韓国の産業通商資源省は10日午前10時から、テレビ会議で第8回政策対話を始めた。当初はソウルで開催予定だったが、新型肺炎の感染拡大の影響でテレビ会議に変更された。対話は午後6時に終了予定だったが、8時間近くオーバーして11日午前1時50分まで行われた。昨年12月16日に東京で開かれた前回の政策対話の場合は、午前10時から午後8時すぎまでだった。

日韓両国は政策対話の具体的な内容を明かしていないが、双方の間の溝が深く歩み寄りが容易でなかったため、会合が長引いたとみられる。両国は11日に資料を配布し、「韓国の制度改善を含め、両国の法的および制度的な輸出管理力の強化計画を前向きに評価した」と説明。「懸案解決に寄与するための対話と意思疎通を続けることで合意した」と記した。第9回となる次回の政策対話は、準備会合を経て両国が合意した日に韓国で開催する。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「韓国メディア + 日本代表」のおすすめ記事

「韓国メディア + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

「韓国メディア + 日本」のおすすめ記事

「韓国メディア + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月13日の中国記事

キーワード一覧

  1. 韓国メディア 日本
  2. 韓国メディア 日本代表

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。