上海浦東空港から入国の発熱者、受診から感染疑い解除まで最短2時間―中国

上海浦東空港から入国の発熱者、受診から感染疑い解除まで最短2時間―中国
上海市浦東新区人民病院では16日夜、浦東空港から入国した入境者のうち発熱がみられた人たちが受診していた。(Record China)
上海市浦東新区人民病院では16日夜、浦東空港から入国した入境者のうち発熱がみられた人たちが受診していた。中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

検査の流れは通常の受診手続きと同じで、まず事前検査をしてから受付をし、支払いを済ませる。医師が問診した後は、血液検査とCT検査をする必要がある。検査結果はリアルタイムで専門家グループに送られ、専門家グループは30分以内に立ち会い診察を行って新型コロナウイルスに感染しているかどうかを判断する。

感染の疑いがないと判断されれば、14日間の隔離に入る。感染が疑われる場合は、上海衛生健康員会に報告し、さらに浦東新区疾病予防管理センターにも通知する必要があり、発熱問診でサンプルを採取し、疾病予防管理スタッフが1時間以内にサンプルを受け取りに来て、12時間以内にPCR検査の結果が判明する。

つまり、専門家グループの立ち合い診察で新型コロナウイルス感染の疑いがないと判断されれば、最短2時間でその場を離れることができる。さらにPCR検査が必要、もしくはその他のすぐに新型コロナウイルス感染の疑いを排除できない人については、そのままそこにとどまり経過観察し、感染性病棟で治療を受けることになる。その後、感染していないと判断されればすぐに退院でき、それまでの期間は隔離期間に算入される。感染が確認された場合は上海市公共衛生センターに移送され、治療を受けることになる。

浦東国際空港から最も近い総合病院である浦東新区人民病院では、このところ、浦東空港からの特殊発熱問診数が1日あたり平均20%増となっており、すでにこれまでの感染拡大期間のピーク時の2倍となっている。(提供/人民網日本語版・編集/AK)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュース

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュースをもっと見る

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月19日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。