2カ月ぶり映画館再開も広東省や河南省で「観客ゼロ」、ネット上では「誰もわざわざ行かない」

2カ月ぶり映画館再開も広東省や河南省で「観客ゼロ」、ネット上では「誰もわざわざ行かない」
新型コロナウイルスの影響で閉鎖されていた映画館が20日、五つの省・自治区で営業を再開したが、広東省と河南省では「興行収入ゼロ元」が報告されている。(Record China)
新型コロナウイルスの影響で閉鎖されていた映画館が20日、五つの省・自治区で営業を再開したが、広東省と河南省では「興行収入ゼロ元」が報告されている。

【その他の写真】

中国では新型コロナウイルスの感染拡大により、1月末から全国の映画館が軒並み閉鎖へと追い込まれ、1年で最も映画界が潤う春節(旧正月)シーズンを直撃した。それから約2カ月を経た20日、河南省、福建省、四川省、広東省、新疆ウイグル自治区の五つの省・自治区で486の映画館が正式に再開した。

映画情報サイト「猫眼電影」が公開したデータによると、486の映画館の20日の興行収入は1万3800元(約21万4700円)だった。最も多かったのは24の映画館で252回の上映が行われた新疆ウイグル自治区の1万1200元(約17万4000円)。しかし、河南省と広東省についてはゼロ元と報告されており、1人の観客も来なかったことになる。

なお、再開後の映画館で上映されているのはいずれも旧作ばかり。記録的ヒットを生んだ「戦狼 ウルフ・オブ・ウォー」や「流転の地球」、「アメリカン・ドリーム・イン・チャイナ」といった国産映画が公開されている。

このデータを伝える報道に対してネットユーザーからは、「こんな時期に誰がわざわざ映画館へ行く?」「映画館再開なんて気が緩みすぎている」「命が惜しいから絶対に行かない」「再開されたことさえ知らなかった」といったコメントが集まっている。(Mathilda)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月23日の韓流記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。