中国、新型コロナ肺炎患者の平均治療費は25万5000円―中国メディア

中国、新型コロナ肺炎患者の平均治療費は25万5000円―中国メディア
中国国家医療保障局医薬サービス管理司の熊先軍司長によると、新型コロナウイルス感染による肺炎の治療費は平均1万7000元(約25万5000円)となっている。写真は武漢の病院。(Record China)
新型コロナウイルス感染による肺炎が流行して以来、感染患者の治療費が多くの人の関心の的となっている。では、治療には平均どれほどの費用が必要で、誰がそれを負担するのだろう?中国国家医療保障局医薬サービス管理司の熊先軍司長によると、治療費は平均1万7000元(約25万円)となっている。

【質問】現時点で、医療保障システムは、中国全土の新型コロナウイルス関連患者の治療費として、どれほどの資金を支出したのか?病院に入院した患者の平均治療費は?

【熊司長】新型コロナウイルス感染が流行して以来、医療保障局は、中国共産党中央委員会と国務院の統一した計画を一貫して実行し、国民の健康を守ることを最重要事項としてきた。1月22日、同局は財政部に対して、感染が確認された患者や感染の疑いがある人など全てに対して、治療を優先し、費用請求は後回しにするよう明確に指示した。治療費は基本医療保険や大病保険、医療救助制度などの規定に基づいて支払われた後に、個人が負担した費用については、財政部が補助を支給する。

3月15日の時点で、31省(区、市)と新疆生産建設兵団の報告によると、中国全土の新型コロナウイルス感染者と感染の疑いがある人延べ9万3238人(複数回外来診察した患者の精算を含む)への精算を行い、その関連費用は総額で10億3960万元(約115億9400万円)、医療保障システムから6億7734万元(約101億6000万円)が支出された。中国全土で精算を行った感染患者は4万4189人で、費用総額は7億5248万元(約112億8700万円)、1人当たり1万7000元(約25万5000円)、うち、医療保険から支払われた割合は約65%となっている(残りの部分の費用は財政から補助が支給される)。

医療機関の立替の負担を緩和するため、医療保険経弁機構は、特定項目資金を前払いし、患者の治療にそれを当てている。今月19日の時点で、各地の医療保障当局が支出した資金は合わせて193億元(約2895億円)に達した。うち、湖北省は37億元(約555億円)となっている。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月31日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。