韓国映画「パラサイト」が日本で共感される理由、日本では作れない理由―中国専門家

韓国映画「パラサイト」が日本で共感される理由、日本では作れない理由―中国専門家
韓国映画「パラサイト 半地下の家族」について、中国メディアの新浪財経は31日、「『パラサイト』の『半地下生活』が日本人に深く共感される」と題したコラムを掲載した。写真は「パラサイト」のポスター。(Record China)
日本で3カ月以上ものロングラン上映が行われている、ポン・ジュノ監督の韓国映画「パラサイト 半地下の家族」について、中国メディアの新浪財経は31日、「『パラサイト』の『半地下生活』が日本人に深く共感される」と題したコラムを掲載した。著者は日本企業(中国)研究院執行院長の陳言(チェン・イエン)氏。

陳氏はまず、「同作の日本語版タイトルでは『半地下』がより強調されており、この言葉こそが地上の成功者と地下で暮らす負け組との違いを生んだ」と指摘。「現代の日本や韓国の社会は複雑化しており、堂々と暮らす上流階層もいれば、中流階層もおり、さらに誰でも見える半地下で暮らす貧困層もいる。また、誰からも見えない完全な地下でその日暮らしをしている人もいる」と述べた。

そして、「共生は社会が貧しい時代の特徴」とした上で、豊かになった日本では50歳の人が80歳の親のすねをかじるという「寄生」が問題視されていると説明。「日本での寄生は主に子どもが親に依存することで、家庭内に限られている。寄生している人が外部で挑戦をすることはほぼなく、現在の生活を変える意志を失っており、社会に向けて行動することはいっそうないのが特徴だ」とした。

一方で「パラサイト」では、半地下で暮らす貧しい一家が身分を偽って裕福な一家に「寄生」する様子が描かれていると指摘。「パク社長(裕福な一家の父)はITエリートだが、あまりにも単純。娘は勉強する気がなく、息子は落ち着きがない。作中でこうしたことは嘲笑や批判を受けなかった。なぜなら、そのような家族しか影や日なたで寄生先を提供することができないからだ」とした。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月5日の韓流記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。