<まとめ>幼児のいる家庭で行う新型肺炎対策、中国専門家のアドバイス

<まとめ>幼児のいる家庭で行う新型肺炎対策、中国専門家のアドバイス
新型コロナウイルスによる感染症の流行で、多くの中国人は大人も子供も外出もままならない生活を強いられた。そのため、専門家による人々の実際の暮らしを考慮した上でのアドバイスも多く発表された。(Record China)
新型コロナウイルスによる感染症の流行で、多くの中国人は大人も子供も外出もままならない生活を強いられた。そのため、専門家による人々の実際の暮らしを考慮した上でのアドバイスも多く発表された。そこで、そのうちの一つである「感染症流行期、在宅の幼児を守るための指導」を日本の皆さんにご紹介することにした。いずれも医学や心理学、幼児教育の専門家だ。

中国女性幼児保健協会託児機構児童保健専門委員会の黄欣欣(ホアン・シンシン)副主任委員に換気や消毒など家庭内衛生について聞いた。

Q:感染症の流行期、家庭ではどのように風通しや消毒をすればよいのでしょう?

1.窓を開けて風を通す

「年間を通じて、窓を開けて風を通すことは、とにかくよいことです」――。窓を開けて風を通せば、病原体を減らすために最もよい効果を得られます。暖かい季節なら、1日を通して窓を開けます。寒い場合でも、毎日2~3回は窓を開けます。毎回の時間は20~30分です。風通し時に、幼児は別の部屋に移して、風通しが終わってからまた、その部屋に入れます。もし、新型コロナウイルス肺炎が発生している地区だったら、窓を開いて風を通す回数は、適当に減らすべきです。できたら空調は使わない方がよいでしょう。家庭で空調や地域暖房を使う場合には、室温は一般的に摂氏18~22度を保ちます。

2.室内を清潔に

まず、過度の消毒は避けるようにしてください。住居内で消毒薬を過度に使用すれば、居住環境に一種の汚染をもたらします。まずは清潔さを保つことを主にして、予防のために消毒で補うわけです。室内で最も好ましいのは、きれいな水で湿した雑巾で、窓やテーブル、ベッドの枠などのほこりをきれいに拭き取ることです。毎日1~2回、行ってください。もしも消毒液を使って拭くならば、5~10分が経過してから、きれいな水を使って消毒液を拭き取ってください。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月6日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。