「南北統一必要ない」と考える韓国国民が増加、その理由は?

「南北統一必要ない」と考える韓国国民が増加、その理由は?
3日、韓国・ソウル経済は、同国と北朝鮮の南北統一について「必要ない」または「不可能だ」と考えている韓国人がこの1年間で増えたと報じた。写真は韓国。(Record China)
2020年4月3日、韓国・ソウル経済は、同国と北朝鮮の南北統一について「必要ない」または「不可能だ」と考えている韓国人がこの1年間で増えたと報じた。

記事によると、韓国・大統領府直属の統一諮問機関である民主平和統一諮問会議は、3月27~28日に全国の成人男女1000人を対象に「第1四半期(1~3月)国民統一世論調査」を実施。調査の結果、「統一が必要だと思うか」という質問に「必要だ」と答えた人は69.2%、「必要ない」と答えた人は28.7%だったという。調査は四半期ごとに行っており、南北統一が必要だとする回答は、昨年の第1四半期の76.2%から徐々に下落して、この1年で初めて70%を下回ったという。

また、南北統一の時期を問う質問は、「10年以内」が21.2%、「20年以内」が18%。「不可能だ」とする回答は24.5%で、昨年の第1四半期(20.9%)に比べ3.6%増加したという。

今後の南北関係の展望については、「良くなる」とする回答は40.3%で、昨年の第1四半期の55.3%から急落。「変化がない」との見通しは47.4%で、昨年第1四半期の30.7%から大幅に増えたという。

また、「北朝鮮を協力・支援対象とみなす」との回答は1年前よりも減少した一方、「警戒・敵対対象とみなす」との回答は増加したという。

記事は、「このように南北統一に対する認識が1年で否定的となったのは、昨年2月末に開かれた米朝首脳会談が決裂した後、南北関係も硬直したためとみられる」と分析。その上で、「韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権は発足初期には相次いで首脳会談を行い、関係改善が期待されたが、この1年は特に進展はない状況だ。最近では北朝鮮側が韓国大統領府を批判する談話を発表したり、相次いで飛翔体を発射したりするなど緊張感が高まっている」と指摘している。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「韓国政府 + 日本」のおすすめ記事

「韓国政府 + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

「韓国政府 + アイドル」のおすすめ記事

「韓国政府 + アイドル」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「政府」のニュース

次に読みたい関連記事「政府」のニュースをもっと見る

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月7日の中国記事

キーワード一覧

  1. 韓国政府 アイドル
  2. 韓国政府 日本

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。