中国で2100万人が死亡?ならば米国の死者数は89万人なのか―中国紙

中国で2100万人が死亡?ならば米国の死者数は89万人なのか―中国紙
中国紙・環球時報は23日、中国が発表している新型コロナウイルスによる死亡者数への懐疑的な見方に対して反論する記事を掲載した。写真は米NY。(Record China)
中国紙・環球時報は23日、中国が発表している新型コロナウイルスによる死亡者数への懐疑的な見方に対して反論する記事を掲載した。

記事はまず、「法輪功(の関連メディアの大紀元)が3月末、中国の通信大手3社の中国大陸での契約件数が2020年の1月から2月にかけて約2100万件以上減少したことを悪意をもってあおり、この数字は中国での新型コロナウイルスによる実際の死亡者数を反映していると報じた」と指摘。中国中央テレビ(CCTV)はこの契約件数の急減について、「新型コロナウイルスの流行期間中に通信会社の営業所が閉まっていて新規契約ができなかったことや、仕事で新型コロナウイルスの影響を受けた人が、契約を取り消したことが原因だ」と伝えていると説明した。

その上で記事は、「一部の西洋メディアは、表面上は(CCTVのように)事実をはっきりとさせている一方、裏ではまだ非常に無知で傲慢(ごうまん)なロジックで中国を非難している。例えば、豪テレビ局・チャンネル7は、『2100万人のユーザーが減少したからといって中国でそれほど多くの人が死んだというのは現実的ではない』と伝えた。しかしすぐに続けて、『人口約6000万人のイタリアで死亡者が2万人以上出ているからには、人口約14億人の中国の死亡者数がたった3、4000人というのはありえない』などと、同じような荒唐無稽な見方を打ち出した」と説明。「こうした報道は、武漢市の都市封鎖がどれほど厳しかったか、中国各地で実施された最高レベルの防疫措置がどれほど迅速で効果的であったのかを知りもせず、堂々と人をあざむいている」と批判した。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュース

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュース

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュースをもっと見る

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月26日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。