「反日種族主義」著者が後続本発表「慰安婦は3者の合作品だった」=韓国ネットで賛否両論の声

「反日種族主義」著者が後続本発表「慰安婦は3者の合作品だった」=韓国ネットで賛否両論の声
11日、韓国・聯合ニュースなどは、日韓でベストセラーになった「反日種族主義」の著者が後続本を発表したことについて報じた。(Record China)
2020年5月11日、韓国・聯合ニュースは、日韓でベストセラーになった「反日種族主義」の著者が後続本を発表したことについて報じた。

記事によると、同日にソウル市内で開かれた「反日種族主義との闘争」の出版記者会見には、金洛年(キム・ナクニョン)東国大学教授、鄭安基(チョン・アンギ)元ソウル大学経済研究所客員研究ら主要執筆陣が出席した。著者の李栄薫(イ・ヨンフン)元ソウル大教授は「慰安婦は日本政府、募集業者、慰安婦の両親や親戚など3者の合作品だった」「訴訟を起こした戦時動員労務者は強制的に連行されたのではなく、能動的に応じた」「日本の植民地支配は近代人として開発する過程だった」など、従来の主張を述べたという。

今回の新刊は、著者らがこれまでのさまざまな批判に対して、メディアへの寄稿やインタビュー、YouTubeで行った反論などを本にまとめたもの。「慰安婦」「戦時動員」「独島(竹島の韓国名)」「土地台帳の収奪」「植民地の近代化」という5テーマに分かれているという。

昨年7月に出版された「反日種族主義」は「韓国人の誤った歴史認識が国家の危機を生んだ」などと主張する内容で、韓国社会で物議を醸した。

これを受け、韓国のネット上では「歴史を群集心理の集団イデオロギーにしてはならない。捏造(ねつぞう)された歴史があまりにも多過ぎる」「扇動されない正しい真実を研究することが間違っているとは思わない」「歴史は真実を書かなければならないのに、当時の日本の行為はすべて悪とみなされている。かつて英国に統治されたインドはどう?韓国には歴史的な柔軟性というか合理性がない」「未成年が親のせいで売られたり、募集広告にだまされたりしたかもしれない。日本の蛮行をかばうつもりはないけど、われわれ韓国人も堂々としていられるかな」などこれまでの歴史認識に警鐘を鳴らす声が上がっている。

一方で、「だからといって日本の戦争犯罪自体は否定できない」「学者は良心に従って研究し、良心に従ってその結果を発表しなければならない」「元慰安婦のおばあさんたちがうそついてるってこと?いい仕事があるってだまして連れてって慰安婦にしたのに?」といった反論も根強く、中には自身の身内の話を挙げて「日本統治時代に(慰安婦や労働者として)連れて行ったのは事実」と主張するユーザーも複数見られた。(翻訳・編集/松村)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月12日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。