突然死しないために改めるべき5つの悪習とは?―中国メディア

突然死しないために改めるべき5つの悪習とは?―中国メディア
社会の主要生産力である青年・中年が受ける心身のストレスが日増しに拡大している。(Record China)
社会の主要生産力である青年・中年が受ける心身のストレスが日増しに拡大している。調査によると、中国のホワイトカラーの約8割が過労の状態で、30-50歳で早世する人のうち96%が過労によって引き起こされる致命的な病気が原因で死亡し、うち80%が心臓性突然死。病気にかかっていたわけでもないのに、なぜ突然死するのだろうか。これは実のところ、こうした人々の冠状動脈性心疾患が生じるリスクの増加と相関性がある。人民健康が伝えた。

突然死を避けるためには、次の5つの悪しき習慣を改善するべきだ。

座りっぱなし


研究によると、毎日座っている時間が4時間以下の人と比べ、毎日8時間座り運動量も少ない人は、心血管関連の死亡リスクが32%上昇する。しかし運動をすればこのリスクを下げられる。毎日の運動量を確保すべきで、少なくとも一日6000歩以上は歩くこと。

夜更かし続き、不眠不休


研究によると、毎日8時間眠る人と比べ、睡眠時間が5時間未満の人が心臓病にかかるリスクは40%高い。無制限な夜更かしや過労を避けるべきだ。

持続的な「ハイストレス」状態


過労をできるだけ避けるべきだ。長期的に強いストレスにさらされている場合は適度にそれを解消し、時には休みを取るべきだ。読書や散歩、おしゃべりをする程度でも精神の緊張をほぐすことができる。

心臓からのSOSを無視


原因不明の胸の圧迫感、元気が出ない、感情が高ぶりやすい、めまいがするといった症状には要注意だ。これは心臓からのSOSである可能性があり、用心をして、適時病院に行くべきだ。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月2日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。