「元慰安婦への寄付金返して!」怒った韓国の若者らが集団訴訟へ=ネットも応援

「元慰安婦への寄付金返して!」怒った韓国の若者らが集団訴訟へ=ネットも応援
3日、韓国・国民日報によると、元慰安婦支援団体に支援金を寄付してきた若者らが支援金の返還を求める訴訟を起こすことが分かった。写真は「正義記憶連帯」が主催する慰安婦問題解決のための水曜集会の様子。(Record China)
2020年6月3日、韓国・国民日報によると、元慰安婦支援団体に支援金を寄付してきた若者らが支援金の返還を求める訴訟を起こすことが分かった。

記事によると、原告となるのは20~30代の若者で、「生活費を削って寄付してきたが、最近浮上した支援団体の会計不正疑惑騒動を見て裏切られた気持ちになった」と話しているという。

韓国では最近、元慰安婦の告発により、元慰安婦支援団体「正義記憶連帯」とその前理事長である尹美香(ユン・ミヒャン)議員(与党・共に民主党)の会計不正疑惑などが波紋を広げている。

原告の1人である大学生のキムさん(24)は元慰安婦を助けたいとの思いから法律を学び、支援団体の活動を尊敬してきた。性犯罪被害者のキムさんは関連訴訟での和解金を支援団体に寄付したという。キムさんは「奨学金の返済が残っている私にとっては非常に意味のあるお金だった」「性犯罪被害の経験から自身の権利を取り戻すために30年以上も戦っている慰安婦被害者の偉大さを知ったが、支援団体が慰安婦被害者の記憶力を問題視する姿を見て衝撃を受けた」などと話しているという。

毎月5万ウォン(約4500円)の寄付を4年間続けてきた飲食店を経営するキムさん(27)は「支援者の多くが政治的目的を達成するためではなく、慰安婦被害者に穏やかな余生を送ってほしいという気持ちで寄付を始めたが、実際は被害者のために使われていなかったとの事実に心を痛めている」と話したという。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月3日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。