韓国の兵器国産化率は日本に大負け!韓国メディアが指摘もネットからは反論続々

韓国の兵器国産化率は日本に大負け!韓国メディアが指摘もネットからは反論続々
5日、韓国・ソウル新聞は「韓国は『米国の完成品を輸入』、日本は『独自開発を優先』、K兵器強国はまだ遠い話」との見出しで、韓国の防衛産業の現状を伝えた。画像は韓国国防部Facebookアカウントより。(Record China)
2020年6月5日、韓国・ソウル新聞は「韓国は『米国の完成品を輸入』、日本は『独自開発を優先』、K兵器強国はまだまだ遠い話」との見出しで、韓国の防衛産業の現状を伝えた。

記事はまず、韓国の防衛産業について「海軍は世界で唯一『28年間潜水艦無事故』の記録を持ち、ディーゼル潜水艦の建造技術は世界最強と言えるほど発展した。潜水艦、自走砲、戦闘機など陸海空全ての分野で高付加価値の兵器システムをつくりだしている」と紹介している。

韓国の大宇造船海洋は昨年4月、インドネシア海軍と1400トンの潜水艦3隻を建造する内容の輸出契約を結んだ。輸出額は1兆1600億ウォン(約1000億円)で、過去2番目に大きい規模の防衛産業契約だったという。また、韓国のハンファディフェンスは17年にインドに「名品兵器」とされるK19自走砲を100両輸出。10両は韓国で、残りの90両はインドで生産する契約で、今年初めにインドで生産工場の竣工式が行われたという。今年1月には防衛産業を「内需産業」から「輸出産業」に引き上げるための法案が国会で採択された。3月にも国防科学技術の革新を促進するための法案が採択されたという。

しかし、こうした努力にもかかわらず「韓国にとって世界市場の壁はいまだに高い」と記事は指摘している。

韓国と防衛産業の規模が近い日本は数年前から米国からの兵器輸入を大幅に増やしている。しかし、基本的に優先順位は「国産品の開発」「国際共同開発」「ライセンス生産」となっており、最後の選択肢として「装備輸入」を協議している。そのため日本の兵器システムの国産化率は約90%に達しているという。記事は「膨大な予算を投じているため非効率的だとの批判もあるが、未来のために日本が得た最先端技術は米国と肩を並べるほどレベルが高い」としている。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「韓国メディア + 日本」のおすすめ記事

「韓国メディア + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

「韓国メディア + 日本代表」のおすすめ記事

「韓国メディア + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月5日の中国記事

キーワード一覧

  1. 韓国メディア 日本
  2. 韓国メディア 日本代表

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。