チベット、10年ごとに気温が0.28度上昇、温暖化傾向が明らかに―中国メディア

チベット、10年ごとに気温が0.28度上昇、温暖化傾向が明らかに―中国メディア
1981~2020年の40年間にわたり、チベット自治区の春季の平均気温は明らかな上昇傾向にあり、降水量も目に見えて増加している。写真は然烏湖。(Record China)
       
チベット自治区気候センターが16日に発表した「2020年チベット春季気候コミュニケ」によると、1981~2020年の40年間にわたり、自治区の春季(3~5月)の平均気温は明らかな上昇傾向にあり、降水量も目に見えて増加している。中国新聞社が伝えた。

コミュニケによると、40年間にわたり、チベット自治区の春季の平均気温は、10年ごとに0.28度上昇し、降水量は10年ごとに平均5.2ミリ増加し、日照時間は10年ごとに平均6.8時間減少している。

ただ、今年の春季のチベットの平均気温は4.2度で、例年に比べて0.5度低く、ここ19年で、平均気温が最も低い年となった。平均降水量は100.7ミリで、例年より26.7ミリ多く、ここ10年で最も多い年となった。平均日照時間は728時間で、例年より10時間長く、ここ8年で唯一、比較的に長い年となった。

チベット自治区気候センター気候モニタリング・評価室の首席専門家・卓瑪氏は、「気候の動向からして、今年の春季の気温が例年より低かったのはまれなケースで、チベットの春季の平均気温は依然として明らかな上昇傾向にある」との見方を示す。

そして、「世界で温暖化が進んでいるのを背景に、チベットの春季の気温は明らかに上昇し、降水呈は増加傾向にある。このような、温暖化と湿度が高くなる傾向は、植物の生育期が長くなり、強風や黄砂が減少するため、チベットの生態環境にとっては良い。ただ、気温が上昇すると、スノーラインが上がり、氷河が縮小し、凍土が浅くなるため、氷河融解が加速し、雪が解けて局地的に雪崩や土砂崩れ、土石流などの二次地質災害のリスクが高まる」と指摘した。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月18日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。