韓国・文大統領の支持率が下降の一途、20代の若者が背を向けた理由とは?

韓国・文大統領の支持率が下降の一途、20代の若者が背を向けた理由とは?
26日、韓国・朝鮮ビズによると、文在寅大統領の支持率が4週にわたり下落を続けており、中でも20代の支持率の落ち込みが顕著だという。写真はソウル(Image by ?? ? from Pixabay)(Record China)
2020年6月26日、韓国・朝鮮ビズによると、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率が4週にわたり下がり続けており、今週の集計では52%となった。中でも20代の支持率の落ち込みが顕著だという。

世論調査会社・韓国ギャラップは23~25日に全国の満18歳以上の男女1001人を対象にアンケートを実施した。文大統領の国政遂行について「うまくやっている」との回答は52%で、前週より3ポイント下落した。「間違っている」との回答は39%で、前週比4ポイント上がった。

20代の回答を見てみると、前週は53%だったのが、今週は12ポイント下落の41%となっている。過去最高を記録した5月第1週(66%)と比べると、大幅に落ち込んだ。一方、国政遂行を「間違っている」との回答は47%で、前週より15ポイント上がっており、5月第1週(21%)より26ポイント急騰した。

記事は、支持率の下落について「北朝鮮による開城(ケソン)工業団地連絡事務所の爆破など北朝鮮の軍事挑発への懸念拡大に加え、仁川(インチョン)国際空港公社の正規雇用転換問題が影響したと分析している。

仁川空港公社は今月22日、非正規雇用の保安検査員を正社員として2000人近くを直接雇用すると明らかにしたが、このことから「雇用の減少が予想される」「不公正な採用」だと学生や就職準備中の20代の若者から強い反発の声が上がった。青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)の黄悳淳(ファン・ドクスン)雇用首席秘書官がメディア出演などで釈明し事態の沈静化を試みたが、その発言内容や、元空港公社社長の鄭日永(チョン・イルヨン)議員による発言などがむしろ火に油を注ぐ形となり、問題が拡大している。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「行政」のニュース

次に読みたい関連記事「行政」のニュースをもっと見る

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月29日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。