韓国の日本車不買運動、最初は良かったが今は…?

韓国の日本車不買運動、最初は良かったが今は…?
7日、韓国・毎日経済は「日本車不買運動、最初は『通じた』が今は『微妙』」と題した記事を掲載した。写真はソウル明洞。(Record China)
2020年7月7日、韓国・毎日経済は「日本車不買運動、最初は『通じた』が今は『微妙』」と題した記事を掲載した。

韓国では昨年7月に日本製品不買運動が本格化し、日本車の販売数が急減し始めた。1年が経った現在も日本車ブランドの業績は芳しくなく、消費者の反感も残っているという。今年上半期、韓国内で新規登録された日本車は前年同期比57.2%減の1万43台だった。輸入車全体の新規登録数(12万8236台)は17.3%増加しており、「不買運動の影響が強く出ている」と、記事は伝えている。

また、新型コロナウイルス感染症の拡大で公共交通機関より自家用車での移動が好まれるようになり、自動車販売数が増え、先月までは個別消費税の引き下げもあったが、「日本車ブランドは成果を収められなかった」とも伝えている。今年6月現在の国別輸入車新規登録数を見ると、日本車は2735台で、輸入車全体(2万7350台)の10%を占めるにとどまったという。

ホンダコリアの場合、2019会計年度(2019年4月~20年3月)の営業利益は19億8000万ウォン(約1億8000万円)で、前年比89.8%減少した。売り上げも1000億ウォン以上減少し3632億ウォンにとどまった。今年も不買運動の影響は続き、1~5月は1232台(前年同期比約73%減)の販売にとどまっているという。

日産自動車は今年いっぱいで韓国を撤退するが、記事によると、このことについて「不買運動の直撃弾を食らった」と分析されている。しかし、国外に逃亡したカルロス・ゴーン前日産自動車会長の問題、世界的な販売不振、日本車ブランド中、相対的に欠ける製品競争力、日産自身の危機が原因での撤退だとする声も、一部から上がっているという。「不買運動は韓国撤退に影響を与えはしたが、呼び水や決定打ではなく、一部に影響を与えるにとどまった」との見方だという。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月9日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。