韓国の専門家、日中韓における豪雨と温暖化の関係性を指摘―中国メディア

韓国の専門家、日中韓における豪雨と温暖化の関係性を指摘―中国メディア
中国、韓国、日本などの東アジア諸国が最近豪雨に見舞われ、多くの被災者が出ている。韓国の専門家は、東アジアのこの異常気象と世界的な温暖化の間には関連性があるとの見方を示した。(Record China)
       
中国、韓国、日本などの東アジア諸国が最近豪雨に見舞われ、多くの被災者が出ている。韓国の専門家は、東アジアのこの異常気象と世界的な温暖化の間には関連性があるとの見方を示した。環球時報が伝えた。

韓国・聯合ニュースの4日の報道によると、韓国の済州道の今年の梅雨は6月10日から7月28日まで続き、計49日で記録を更新した。韓国南部の梅雨は6月24日から7月31日までの38日。中部地区の雨は41日続いており、2013年(49日)を抜き過去最長になる可能性がある。中国や日本も同じく豪雨に見舞われている。日本の九州では7月上旬の豪雨で70人以上が死亡し、中国南部地区も深刻な洪水災害に見舞われている。

韓国の専門家は、今年の東アジアの豪雨は世界的な温暖化と関連しており、シベリア及び北極の氷が溶け東アジアに冷たい空気が流れ込んだ影響が出ている可能性があるとした。専門家は、世界的な温暖化が続けば、豪雨・洪水災害がニューノーマルになるかもしれないと警鐘を鳴らした。

また中国の専門家は、北極の記録的な気温と中国南方の豪雨の直接的な関連性を裏付ける証拠は今の所ないとしたものの、世界的な温暖化は世界の大気環流を変え、海洋・大気、陸地・大気の相互作用を通じて、局地的な気候に影響を及ぼし、これにより異常気象が発生する確率と強度を上げるとした。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュース

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュース

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュースをもっと見る

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月7日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。