世界の穀物生産大国が輸出を中止、中国は食糧危機に陥る?―中国メディア

世界の穀物生産大国が輸出を中止、中国は食糧危機に陥る?―中国メディア
今年、新型コロナウイルス感染症や蝗害、異常気象など複数の要因が重なったことで、世界の食料安全保障は極めて大きな試練に直面している。(Record China)
       
今年、新型コロナウイルス感染症や蝗害、異常気象など複数の要因が重なったことで、世界の食料安全保障は極めて大きな試練に直面している。国連食糧農業機関(FAO)、国際農業開発基金(IFAD)、世界食糧計画(WFP)などの機関が共同で発表した報告書によると、新型コロナウイルス感染症の影響により、世界で飢餓に苦しむ人は2020年に大幅に増加する可能性がある。今年新たに1億3000万人の飢餓人口が増え、世界中で6億9000万人が飢餓状態になるという。中国中央テレビ局(CCTV)のビジネスチャンネルが伝えた。

【その他の写真】

また、国連の研究報告書は、今年計25カ国が深刻な飢餓リスクに直面し、世界は少なくとも50年来で最も深刻な食糧危機に見舞われる恐れがあると警鐘を鳴らしている。

中国に食糧危機はなし


未知のリスクを前にして、世界の多くの穀物生産大国が次々と穀物輸出の中止を発表している。もし世界の穀物サプライチェーンが本当に逼迫した場合、世界第一の穀物輸入国である中国には、おそらく起こるであろう食糧危機に対応できる十分な能力があるのだろうか?

2010年以来、中国の1人あたり穀物占有量は世界平均より高い状態が続いており、2019年には470キログラムを超え、1人あたり400キログラムという国際食料安全保障の標準ラインを上回った。三大穀物である米、小麦、トウモロコシを例に取ると、三者の国内自給率の平均は97%以上となっている。
レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月7日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。