「今夏は猛暑だったはずなのに歴代級の梅雨」、韓国紙、予想外した気象庁やり玉に

「今夏は猛暑だったはずなのに歴代級の梅雨」、韓国紙、予想外した気象庁やり玉に
韓国も日本や中国と同様に大雨に見舞われている。韓国紙は「今年の夏は猛暑だったはずなのに歴代級の梅雨」と指摘。予想が外れた気象庁を「信じられない」とやり玉に挙げている。(Record China)
       
大雨に見舞われているのは日本や中国だけではない。韓国も同じだ。7月の釜山など南部地域に続き、8月になってからはソウル首都圏などにも被害が集中している。韓国紙は「今年の夏は猛暑だったはずなのに歴代級の梅雨」と指摘。予想が外れた気象庁を「信じられない」とやり玉に挙げている。

聯合ニュースによると、韓国の首都圏と中部で1日から降り続く豪雨により、被害が拡大している。政府の中央災難(災害)安全対策本部によると、4日午前10時半までに計13人の死亡が確認され、13人が行方不明となっている。負傷者は7人。

被災者は4日の時点で629世帯の1025人に上る。前日から約100人増えた。地域別には忠清北道が555人、京畿道が391人、江原道が70人など。うち533世帯の829人は今も帰宅できず、親戚・知人の家や体育館、公共施設などに身を寄せている。

建物・施設の被害は2958棟に増えた。住宅815棟、畜舎・倉庫522棟、ビニールハウス146棟などで浸水や土砂流入があった。農耕地の被害は5751ヘクタールに及ぶ。冠水が4657ヘクタール、稲の倒伏が868ヘクタール、落果が160ヘクタールなど。インフラでは道路・橋728件、鉄道など403件の被害が確認された。また、山崩れが224件発生し、河川の氾濫は101件に上った。

こうした中、中央日報は「今年の夏は猛暑といったのに歴代級の梅雨…信じられない韓国気象庁」との社説を掲載。「今回の事態を経験しながら、多くの韓国国民は空を恨む前に気象庁の力量に対して強い疑問を呈している」と非難した。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月8日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。