「韓国企業ビッグ4が日本のライバル社を圧倒」と韓国メディア=ネットからはツッコミも

「韓国企業ビッグ4が日本のライバル社を圧倒」と韓国メディア=ネットからはツッコミも
6日、韓国・韓国経済は、「韓国企業ビッグ4がサプライズ業績、日本のライバル企業を圧倒」と題した記事を掲載した。写真はLG電子の製品。(Record China)
       
2020年8月6日、韓国メディア・韓国経済は、「韓国企業ビッグ4がサプライズ業績、日本のライバル企業を圧倒」と題した記事を掲載した。

記事はまず、2010年1月に日本の週刊誌「日経ビジネス」が韓国企業を特集し、サムスン、LG、現代自動車(ヒュンダイ)、ポスコを「四天王」と表現したこと、世界金融危機後に急成長した韓国企業の「危機克服DNA」をベンチマーキングすべきだとの結論を出したことを紹介。それから10年たち、最近、サムスン電子、LG化学、SKハイニックス、現代自動車が20年4~6月期の業績を発表したが、「危機に強いDNAをそのまま刻んでいる。競合関係にある日本企業を圧倒した」と伝えている。

各社の営業利益を見ると、サムスン電子は前年同期比23%の増加、SKハイニックスは205%の大幅増加となっている。現代自は52%の減少だが、ライバルのトヨタ自動車が98%減、ホンダも赤字が予想されることと比べると「圧倒している」と評価している。また、「LG化学は世界の電気自動車バッテリー市場で1位を獲得し利益が131%急増したが、昨年上半期まで同市場の1位だったパナソニックは営業利益が93%激減した」としている。

時価総額の比較でも、「LG化学は新型コロナウイルスの影響が強く出た3月19日には16兆2000億ウォン(約1兆4458億円)だったのが、今月6日には48兆ウォンを超えた。一方、パナソニックは同期間に19兆3000億ウォンから25兆ウォンに増えるにとどまっている。自動車メーカー1位のトヨタは、時価総額が231兆ウォンに達したものの、3月19日に比べると1%減少している。一方、現代自の時価総額は30兆ウォン、起亜自動車と合わせても50兆ウォンにも満たないが、3月19日に比べると、現代自は90%以上の増加を記録している。サムスン電子の時価総額は339兆ウォンで、同期間に32%上昇した。上昇率はソニーと同水準だが、ソニーの時価総額は117兆ウォンにとどまっている」などと伝えている。
レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「韓国メディア + 日本」のおすすめ記事

「韓国メディア + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

「韓国メディア + 日本代表」のおすすめ記事

「韓国メディア + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月11日の中国記事

キーワード一覧

  1. 韓国メディア 日本
  2. 韓国メディア 日本代表

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。