台湾・李登輝元総統の死去、日韓の反応に温度差くっきり、「親日」に冷たい韓国―米誌

台湾・李登輝元総統の死去、日韓の反応に温度差くっきり、「親日」に冷たい韓国―米誌
台湾の李登輝元総統の訃報をめぐる日韓の反応が対照的と米誌が報じた。韓国は冷淡で、同誌はその理由として中国への忖度や李元総統が「親日家」だったことを挙げた。追悼会場が台北賓館に設置されている。(Record China)
       
7月30日に死去した台湾の李登輝元総統をめぐる日本と韓国の反応が対照的だったと米誌「ニューズウィーク」が報じた。日本国内からは死を悼む声が多く寄せられたのに対し、韓国はメディアを含め冷淡。同誌はその理由として中国への忖度(そんたく)や李元総統が「親日家」だったことを挙げた。

同誌によると、李元総統に関する韓国の反応は台湾の民主化などに大きく貢献したにもかかわらず、冷たいのではないかと思われるものだった。文在寅大統領は公式にメッセージを発することもなく、外交部や駐台湾韓国代表部もホームページやSNSを通じて李元総統に対する追慕のメッセージを送るどころか、逝去について言及することすらしなかった。

マスコミの報道も大差ないものだった。公共放送であるKBSは一日の出来事を総括的に振り返る「9時のニュース」でさえも死去のニュースが伝えられることはなかった。新聞記事が形式的にごく簡単な李氏の経歴と死を伝えた程度だった。

韓国は1945年の終戦以来、蒋介石総統が率いた国民党政府を「恩人」と位置付けてきた。日本統治時代、中国本土に亡命していた朝鮮の抗日運動家たちを支援してくれたことに対する感謝である。それは国民党政府が内戦に敗れ、台湾に移ってからも続いた。そこには過去の「恩」もあったが、朝鮮戦争以降、台湾と韓国には「反共」という共通の価値観を持つ者同士の「絆」があった。

しかし、1992年に韓国は中国と国交を結ぶ同時に台湾と断交。そして中国が超強大国として浮上し、中韓の結び付きが経済を中心に深まった現在、韓国において台湾は忘れられた、いや、忘れたい存在となった。在韓米軍に高高度迎撃ミサイル(THAAD)を配備しただけで中国から経済報復を受けたという経験、ひどく痛い目にあったことを多くの

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月14日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。