中国市場、コロナ禍で苦戦する日本の自動車メーカーの販売支える―中国メディア

中国市場、コロナ禍で苦戦する日本の自動車メーカーの販売支える―中国メディア
中国メディアは「中国市場での販売増が多くの日本の自動車メーカーを支えている」と報じた。日本企業に中国離れの動きも出始める中、日中両国の経済的な結び付きの強さをアピールした形だ。写真は日系自動車販売店。(Record China)
       
コロナ禍で日本の自動車メーカーが世界市場で苦戦する中、中国メディアは「中国市場での販売増が多くの日本の自動車メーカーを支えている」と報じた。米中対立がますます激化し、日本企業にも中国離れの動きも出始めた。記事は日中両国の経済的な結び付きを強さアピールする狙いともみられる。

新型コロナウイルスのまん延で日本の自動車メーカーの決算は軒並み悪化。世界各地の工場が生産停止と営業活動休止に追い込まれ、生産・販売台数が急減したことが業績に大きな影響を与えた。上場自動車メーカー9社の第1四半期(2020年4~6月)連結業績を見ると、トヨタ自動車とスズキを除く7社が最終損益で赤字に転落した。

一方で中国市場は堅調。中国自動車工業協会(CAAM)が11日発表した7月の新車販売台数は、前年同月比16.4%増の211万2000台だった。プラスは4カ月連続。インフラ投資を背景にトラックなど商用車が全体をけん引し、3カ月連続で2桁の伸びとなった。乗用車は8.5%増と前月から加速。新型コロナウイルスの感染状況の落ち着きを受け、消費者の購買意欲が回復していることを裏付けた。

これを受け、日系自動車大手4社の中国市場における7月の新車販売台数はホンダが6カ月ぶりに前年実績を上回り、全社がプラスを達成した。ホンダは前年同月比17.8%増の13万6646台だった。主力モデル「シビック」などの販売が好調で、7月の販売台数としては過去最高を記録した。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月14日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。