中国系監督クロエ・ジャオの『ノマドランド』がヴェネツィアで金獅子賞受賞

中国系監督クロエ・ジャオの『ノマドランド』がヴェネツィアで金獅子賞受賞
イタリアで12日(現地時間)に第77回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門の授賞式が行われ、中国系監督クロエ・ジャオの新作『ノマドランド』が最高賞にあたる金獅子賞を獲得した。(Record China)
       
カンヌ、ベルリンと並んで世界三大映画祭の一つに数えられ、毎年イタリア北部・ヴェネツィアのリド島で開催されるヴェネツィア国際映画祭。最終日の現地時間12日夜(北京時間13日未明)に授賞式が行われ、コンペティション部門に出品された中国系監督クロエ・ジャオ(趙?)の新作『ノマドランド(中国題:無依之地)』が、グランプリである金獅子賞を受賞しました。

【その他の写真】

クロエ・ジャオは北京生まれで中国の人気女優、宋丹丹(ソン・ダンダン)の養女としても知られています。ニューヨーク大学芸術学部で映画制作を専攻したあと、現在も引き続き米国で監督活動をしています。その長編デビュー作『Songs My Brothers Taught Me』が2015年にサンダンス映画祭に出品され、2作目の『ザ・ライダー』(2017)も国際的に好評を博し、第33回インディペンデント・スピリット賞の作品賞と監督賞へのノミネートを果たしました。今回の受賞作『ノマドランド(中国題:無依之地)』は、これまでにアカデミー賞・エミー賞・トニー賞の米演劇三冠王を達成した女優のフランシス・マクドーマンドを迎え、リーマンショック後、「現代のノマド」として過酷な労働現場を行きぬく女性の姿を描くヒューマンドラマに仕上がっています。

中国系監督の作品が2000年代以降に金獅子賞を受賞したのは、2005年の李安(アン・リー)監督の『ブロークバック・マウンテン(中国題:断背山)』、2006年の賈樟柯(ジャ・ジャンクー)監督の『長江哀歌(原題:三峡好人)』、2007年の李安(アン・リー)監督の『ラスト、コーション(原題:色,戒)』に次いで4回目となりました。

米メディアの予測では、この作品は米アカデミー賞最優秀監督賞にノミネートされる可能性も出ており、受賞が決まれば、初のアジア系女性監督の監督賞受賞になると期待されています。

一方で、同コンペティション部門に出品された黒沢清監督の『スパイの妻』が監督賞の銀獅子賞に選ばれました。(提供/CRI)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月13日の韓流記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。