世界最大の砂漠集中型太陽光発電基地、間もなく稼働開始へ―中国

世界最大の砂漠集中型太陽光発電基地、間もなく稼働開始へ―中国
中建電力建設有限公司は13日、その子会社の中建中環工程有限公司が請け負う内モンゴル自治区ダラト旗太陽光発電リード奨励基地1号プロジェクトが順調に竣工したと発表した。写真は同自治区の太陽光発電基地。(Record China)
       
中建電力建設有限公司は13日、その子会社の中建中環工程有限公司が請け負う内モンゴル自治区ダラト旗太陽光発電リード奨励基地1号プロジェクトが順調に竣工したと発表した。これは世界最大の砂漠集中型太陽光発電基地が間もなく発電・送電開始することを意味する。中国新聞網が伝えた。

同プロジェクトは中建中環工程有限公司がEPC(設計、調達、建造)契約で請け負った。プロジェクトの設備容量は69.03MWで、完成後に基地内1期太陽光発電所と一体化する。敷地面積は約120万平方メートル、年間発電量は20億kWh、生産高は6億2000万元(約96億1000万円)に上り、世界最大の砂漠集中型太陽光発電所になる。

国家太陽光発電リード奨励基地としての同プロジェクトは、施工技術、発電技術の改善・改良を続け、常に業界トップ水準を維持しており、発電効率を15%改善するとともに、内モンゴルの新エネ産業の科学技術発展をけん引できる。

中建中環工程有限公司新エネ事業部副総経理で、ダラト太陽光発電2期1号プロジェクトマネージャーの于皓偉(ワン・ハオウェイ)氏によると、プロジェクトチームは建設中に困難を克服し、砂漠の掘削による穴の形成、砂漠の強風などの問題を解決した。砂漠に2万3000本以上の太陽光発電支柱を立て、17万枚以上のソーラーパネルを順調に設置した。感染症による工期の遅れを取り戻し、順調に建設任務を完了し、間もなく発電・送電という目標を達成しようとしている。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュース

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月16日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。