宮廷の金魚って?北京で特別展

宮廷の金魚って?北京で特別展
北京の労働人民文化宮では今月16日から「宮廷金魚」特別展が行われています。(Record China)
       
北京の労働人民文化宮では今月16日から「宮廷金魚」(昔、宮廷の中で飼育・鑑賞されていた品種の金魚)特別展が行われています。12の省・直轄市からの70品種・1200匹あまりの「宮廷金魚」が展示されており、25日まで行われます。

特別展では、武漢の金魚のための専門エリアが設けられ、10の木製のたらいで武漢ならではの「猫獅」「真珠」などの品種を展示しています。「猫獅」は「オランダシシガシラ」の一種で、目と口が瘤に覆われ、猫に似た顔をしています。「真珠」は、鱗にカルシウムが蓄積されて、鱗の中央に硬い半球状の突起があり、真珠のように見えることからこの名が付けられました。

北京は、中国の金魚飼育・鑑賞の発祥地の一つで、伝統的に金魚の養殖と鑑賞が行われてきました。故宮、天壇公園、北海公園、北京動物園などの旧王宮や公園で金魚の飼育と展示が行われていました。「宮廷金魚」は明の時代以降、紫禁城の中で養殖の専門家に飼育されたもので、最盛期だった清の時代には300種余りの品種があったということです。(鵬、坂下)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月21日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。