明の時代の陶磁器展覧会が開催=故宮

明の時代の陶磁器展覧会が開催=故宮
故宮博物院で22日、陶磁器の母なる都、景徳鎮市で出土した明の時代の宮廷で使われていた陶磁器が一般公開されます。(Record China)
       
故宮博物院で22日、陶磁器の母なる都、景徳鎮市で出土した明の時代の宮廷で使われていた陶磁器が一般公開されます。文化財計196点は明の時代の宮廷専用陶磁器の芸術的な価値を物語っています。

景徳鎮は明、清の時代に宮廷のために陶磁器を制作した主な生産地として、紫禁城(現在の故宮博物院)に製品を出していました。1000キロ以上離れていても、数百年の歳月を経て、陶磁器が再び故宮の舞台に立ちました。(提供/CRI)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「紫禁城 + 観光」のおすすめ記事

「紫禁城 + 観光」のおすすめ記事をもっと見る

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月23日の中国記事

キーワード一覧

  1. 紫禁城 観光

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。