「顔面偏差値経済」が急成長、見た目もオシャレなキッチン家電が若者の心をゲット―中国

「顔面偏差値経済」が急成長、見た目もオシャレなキッチン家電が若者の心をゲット―中国
新型コロナウイルスの影響で、多くの若者がデリバリー利用をやめ、自炊を始めたため、ネット上では「料理の腕自慢ショー」がブームとなり、家庭の必需品である調理器具に、新たな役割が求められている。資料写真。(Record China)
       
新型コロナウイルスの影響で、多くの若者がデリバリー利用をやめ、自炊を始めたため、ネット上では「料理の腕自慢ショー」がブームとなり、家庭の必需品である調理器具に、新たな役割が求められている。例えば、ホットサンドメーカーは、キャラクターの焼き目を作り、焼く、炒める、煮る、炊くが1台でできる多機能鍋はオシャレなカラーデザインとなり、小型携帯用ジューサーや豆乳製造装置もかわいい形のタイプが人気となっている。これら「アート作品」のような顔面偏差値の高い各種キッチン電化製品が、食べるのも遊ぶのも大好きな若者の心をゲットしている。中国青年報が伝えた。

「顔面偏差値経済」が急成長中


郭月清さんは毎朝、わずか十数分で朝食を作りあげる。限られた時間しかないため、郭さんは、様々なキッチン用品を購入して使いこなしている。朝食を作る調理器具だけでも、トースターにホットサンドメーカー、卵を焼いたり茹でたりする器具など。それだけでなく、オーブンやホットプレート、韓国式火鍋用鍋、炊飯器など、なんでも揃っている。

そんな郭さんは取材に対して、「以前ならこうしたキッチン家電を購入する時、有名ブランドのごく一般的な製品を選んでいた。でも、友人が、あまり知られていないブランドであるものの、オシャレで使い勝手が良い製品をプレゼントしてくれて以降は、『顔面偏差値』を見て選ぶようになった」と話した。

「有名でないブランドでも、有名なブランドでも、製品の機能だけを見れば、ほとんど差はない。だから、ブランドに対するこだわりはそれほどなく、顔面偏差値の高い製品を優先的に選ぶ。また、SNSのグルメブロガーお勧めの顔面偏差値が高いキッチン用品を買うのも好き」と話す郭さんは、「オシャレなキッチン用品を使うと、気分が良いだけでなく、それがあると、キッチンで料理をするのが楽しくなる。顔面偏差値の高いキッチン用品を買うのも好きだし、それを友人にプレゼントするのも好き」と語る。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「家電」に関する記事

「家電」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「家電」の記事

次に読みたい「家電」の記事をもっと見る

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月27日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。